つたえたかったこと

投稿日:2008/06/19 09:46:13 | 文字数:207文字 | 閲覧数:634 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

うーん ところで私の書くものは歌詞と呼べるのかな・・・?・・・いまさら!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真夏の黒い影が 伸びてゆく

貴方のそれにさえも 触れられない私は

ひぐらしの声をただ聞いてる



鳥肌が立つの 考えるだけで

こんな私は 知られたくない

世界に私は居なくていい



毒のようなその白い服
眩しすぎて
ねえ
後ろで貴方の影に触れたの
私の指に影がかかって

涙しか でなかった



覗き込まないで、優しい人
どうかどうかそのまだ細いその腕で
「もう二度と会いに来ない」と
抱いてください


思いついた事のメモ的ななにか

曲や歌やイラストを募集してます
歌詞やタイトルは煮るなり焼くなりお好きにどうぞ
お好きな所だけ切り取ってもらっても嬉しいです


コラボしていただいたうた

http://www.nicovideo.jp/mylist/30468325


放置
http://erako.blog26.fc2.com/


もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP