ユメをみていた

投稿日:2012/01/27 21:38:57 | 文字数:250文字 | 閲覧数:340 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

メロ表記、ひらがなver.は前のバージョンにあります。

アンビエントとか、ゆったりやさしい曲のイメージ。

声はIAさんかミクさんのどっちかがいいかなあとか。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

そっと耳元で囁く 誰かの声に寄り添い
触れた優しい温もりに 瞼下ろして揺られた

いつか壊れてしまうこと ずっと気付いていたから
繋ぐ言葉は持たなくて ただ、ただ

心澄まし 風を撫で 溶けてしまえたら
今も笑い合えたのに

抱いて掠めた残り香も 今はこの手を離れて

何も哀しいことはない 微笑う意味さえ忘れて
夢を見ていただけのこと それだけ

声は沁みて 想いごと 泡になれたなら
何も知らずいれたのに

いつか別れの言葉さえ 空に溶けては消えてく
記憶は過去へ置き去りに ぼくはやさしい夢見た

・*印がついているものが曲募集中の歌詞になります。
・急ぎの連絡がありましたらTwitterなどでお知らせいただけますと幸いです。
TwitterはTLにいない場合も、すぐにお返事等が出来ます。
・作詞のお仕事につきましては、Twitterにてご相談ください。


プロフのアイコンはnuさんに作って頂きました。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP