君がいたあの夏の日に…

投稿日:2019/08/09 00:44:06 | 文字数:17文字 | 閲覧数:6 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

君がいたあの夏の日に優しい遥風の中、浜辺で君と二人手を繋いで波打ち際を歩きながら聴いたあの曲

微笑みながら君が言う
「この曲いいよね」
僕は黙ってうなずいた。
君が一人で海を眺めてる。
白い帽子で微笑む横顔が海の色に眩しく溶け込む。その姿に思わず僕はそっと写真を撮った。

そしてまた微笑みながら君は言う
「また来ようね」
また僕は黙ってうなずいた。

今年もまたあの夏の日に…
あの浜辺であの曲聴きながら歩いた。
ただ去年と違うのは君がいない…
思い出たどって一人で歩く波打ち際。
あの曲が悲しく聴こえた…

君がいたあの夏 寂しい遥風の中
写真の白い帽子で微笑む横顔だけが
残って
「また来ようね」
あの約束は海の色に眩しく溶け込んで消えたいった。

君のいない夏の日、一人たたずむ…

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

去年の夏と今年の夏…
別れた二人…

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP