泡沫ノ蛍

投稿日:2020/05/05 09:09:54 | 文字数:307文字 | 閲覧数:66 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

流れる雲のようにどこまでも行けるなら
あなたは澄んだ空をあてなく漂うのだろう

季節は僕を置いて徒らに過ぎて行く
焦がれた絵空事は滲んで水に溶けた

ねぇ もう少しだよ
あなたのもとにいけるわ
確かにまだ感じてる
あなたの命の音を

閉じ込めた
無数の光
夜空に消えた
今、泡沫のように

無くした愛の跡を
夢中でかき集めて、
台詞のない舞台で
名前を呼ぼうとしたんだ

まだ 程遠いけど
あなたのもとに還るわ
いつかの夏の日にみた
小さな灯りが綺麗で

散りばめた
無数の光
夜空に咲いた
今、草花のように

閉じ込めた
蛍の光
映し出して
今、命を揺らせ

閉じ込めた
無数の光
夜空に咲いた
今、泡沫のように

主にミクさんに歌って貰ってます。依頼、コラボ、ライブのお誘いはTwitterニテ[niconico: https://bit.ly/2ZCcDbl ][YouTube: https://bit.ly/2ZsvIOa ]
http://twitter.com/keiaharehare

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 泡沫ノ蛍 feat.結月ゆかり

    by KeiA≒ウソつきけいちゃんPさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP