終末メモリーズ

投稿日:2010/08/31 21:01:17 | 文字数:502文字 | 閲覧数:107 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

深い海の底 静かに横たわる世界を目にした
遥か彼方から僕らを訪れた 星に憧れた
良いとか悪いとか 今や昔とか関係ないけど
何も知らないまま朽ち果ててくのは落ち着かないしな

何処かにあるという
未来の種を探すため
騙されて一歩踏み出した
乾ききった大地の上

誰だって明日を待っている
素敵な嘘にまみれて
いつだって君を信じてる
少しくたびれたメモリー

路上の片隅 寂しく干からびた化石に恋した
わずかに残った最後のヒトカケラ 子猫に与えた
好きとか嫌いとか 前か後ろとか関係ないけど
約束交わしたあの日の言葉には逆らえないしな

いつの間にか落としてた
希望の翼はどこだ?
空も飛べないって気付いた
老いぼれ犬の背の上

誰だって明日を待っている
不敵な真実にのまれて
いつだって君を信じてる
霞んで消えそうなメモリー

いつの間にか落としてた
僕の身体はどこだ?
抜け殻のたましい
それでも何かを追い求めてる

誰だって明日を待っている
素敵な嘘にまみれて
いつだって君を信じてる
たとえ偽者だったとしても

誰だって明日を待っている
不確かな物もすべて
いつだって君を信じてる
儚げに光るメモリー

細々と曲とか作ったりしてます。

ニコニコにも投稿してたり
http://www.nicovideo.jp/mylist/14390168

(2014/01/05)ユーザーネームをちょっとだけ変えました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP