【採用】魔女の奏でる太陽と月の歌劇(仮題)【修正中】

投稿日:2014/05/12 23:37:37 | 文字数:1,400文字 | 閲覧数:1,385 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

sunoco様の【歌詞募集】タイトル未定http://piapro.jp/t/H6aiへの応募用に書き下ろした歌詞です。
ご採用頂きました、有難うございます!

現在、動画完成に向けコラボにて絶賛打ち合わせ中です。
単語・タイトルその他編集・調整していきます。


個人的に非常に好みなゴシック調の旋律と雰囲気に一気に想像力が掻き立てられ、脳内に生まれ出た物語をそのまま歌詞にさせて頂きました。

魔女の呪いに支配され悲劇を繰り返す、とある国の王家のお話をテーマにしました。
仲睦まじかった二人の王子が玉座を巡る争いと魔女の呪いに巻き込まれ運命を狂わされていく、というストーリーの歌詞になっています。

詳細な物語背景などは以下に記載致しました。
http://piapro.jp/t/bm2l

歌っているIAは、“指揮者”であり“語り部”である“魔女”のポジションというイメージです。
【C】の《》で囲われた部分は、この“魔女”のセリフというニュアンスです。
歌メロのあとのオルゴールのようなサウンドに合わせて作りました。
歌詞の部分だけだと魔女の手から逃れられたように見えますが、このセリフ部分も含めるとその解釈が引っくり返る、という構成にしたかったのでつけてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A】
さあ 踊れ 運命の歌劇(オペラ)
歌え 語れ この残酷劇(グラン・ギニョール)を
愛の紅(あか)が その胸で揺れて
想い 刹那 決意へと変わる

【B】
降り注ぎ 揺れ踊り 意思を問うかの如く
月灯(つきあかり) 映し出し 皓(しろ)く刃は招く

【サビ】
恨みすらないままに 募る衝動は
魔女(しきしゃ)の振る杖(タクト)の力(せんりつ)に導かれて
名残る迷いさえも 夜に滲んでゆく
「いまこの手で」
罪は“生まれたこと” ただひとつだけ

【A】
ああ 悠(はる)か 悲劇の連鎖(トリル)を
断ち切るように 陽光(しょうねん)はただ微笑(わら)う
哀(あい)の蒼(あお)を その目に隠して
己の手で 毒杯(さかずき)呷った

【B】
蹌踉(よろ)めいて 立ち竦む 刃の届く前に
染まる蒼白(しろ) 伝う深紅(あか) 笑みの唇 歪む

【サビ】
罪深き決断が 描く悲しみは
魔女(かたりべ)の書(ものがたり)の予言(フィナーレ)を逃れて
流る涙さえも やがて薄れていく
「嘆かないで、兄様(あなた)の罪も僕が連れて逝こう」

【C】
いま 絆 抱いたまま 《黒の檻 囚われて》
動き出す物語 《魔女(しきしゃ)の奏でるままに》
悲劇さえ振り解き 《足掻いても逃さない》
魂は巡りゆく 《魔女(かたりべ)の腕の中へ》
《捕まえた……》

【サビ】
ああ 呪われし玉座が 紡ぐ物語
予言(シナリオ)を超えた結末に喝采などなく
魔女(かたりべ)の手には 悲しげに歌い踊る自鳴琴(オルゴール)
「さあ参りましょう、次の舞台へと……」


*****
読み


【A】
さ(あ) おどれ うんめいの おぺら
おどれ かたれ この ぐらんぎにょーるを
あいの あかが その むねで ゆれて
おもい せつな けついへと かわる

【B】
ふりそそぎ ゆれおどり いしを とうかの ごとく
つきあかり うつしだし しろく やいばは まねく

【サビ】
うらみすら ないままに つのる しょうどうは
しきしゃの ふる たくとの せんりつに みちびかれて
なごる まよいさえも よるに にじんでいく
いま このてで
つみは うまれたこと ただ ひとつだけ

【A】
あ(あ) はるか ひげきの とりるを
たちきるよ(う)に しょうねんは ただ わらう
あいの あおを その めに かくして
おのれの てで さかずき あおった

【B】
よろめいて たちすくむ やいばの とどく まえに
そまる しろ つたう あか えみの くちびる ゆがむ

【サビ】
つみぶかき けつだんが えがく かなしみは
かたりべの ものがたりの ふぃなーれを のがれて
ながる なみださえも やがて うすれていく
なげかないで あなたの つみも ぼくが つれていこう

【C】
いま きずな だいたまま 《くろの おり とらわれて》
うごきだす ものがたり 《しきしゃの かなでるままに》
ひげきさえ ふりほどき 《あがいても のがさない》
たましいは めぐりゆく 《かたりべの うでのなかへ》
《つかまえた……》

【サビ】
あ(あ) のろわれし ぎょくざが つむぐ ものがたり
しなりおを こえた けつまつに かっさいなど なく
かたりべの てには かなしげに うたい おどる おるごーる
さあ まいりましょう つぎの ぶたいへと

2019.08.26
活動再開致しました。
作詞、仮歌、ヴォーカル他、piapro内・外部問わずご依頼やコラボの打診歓迎です。お待ちしております。

割とどんなのでも書きますが、物語があったり世界観を構築したりするような歌詞や、古語とか古い言い回しを使ったりするような和風歌詞、各種外国語を使用した歌詞(単語レベル~全外国語詩まで)なんかが比較的好きです。
ご依頼にて作詞する場合、主旋律とイメージや雰囲気が掴めるだけのオケがあれば作詞可能。テーマ指定や文字数指定の有無は問いません。
納期は通常1日~10日ほど。有償頒布予定の作品のみ、ご依頼も有償となる可能性があります。ジャンルやそのときの状況その他にもよりますので、一度お問い合わせ願います。
詳細な打ち合わせ可能な方歓迎です。
あなたの作品のお手伝いをさせてください!

曲募集タグのものにつきましてはご自由にお使い頂けたらと思います。
ご使用くださった際はご連絡を頂けますと嬉しいです。

名前:紗綺(さあや)、sa-ya
活動:歌ったり作詞したり物語書いたり。

◆活動状況◆
Works
・現行受注依頼全て納品済み

Piapro
・作詞依頼1件受注予定

Others


OFF LINE
・所属サークルよりオリジナルCD『いろはひととせ・秋 タソガレパレヱド』頒布中

ついったーあります。サークル名義のものです。
@Reveur_00

アイコンはpiapro外の友人である某イラストレーターちゃんに描いて頂きました。ありがとう!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【IA】魔女の奏でる太陽と月の歌劇【オリジナル】

    by sunonさん

もっと見る

▲TOP