ku-yuさん

ku-yuさん

yuta881114

初めましてku-yuというものです。

近況:もはやここの意味がなくなったような気もする。(お気に入り登録していただいてて申し訳ないです。)

超短い文章を書いております。

鏡音こそ最も愛すべきものと思っています。
でも、ボカロのみんな、亜種も大好きです!
’18からちょこっとだけ復帰。
ボイロにはまりつつ……

話し掛けてくれたらすごくなつきます(笑)

時計屋シリーズ(ボカロ曲)の小説を執筆しております
http://id44.fm-p.jp/108/akinoyugure/

サイトでボーカロイドは・・・ちょっと少な目かも
"秋空 夕"という名前で作っています
けど、名前があといくつかあるので、面倒だったら統一してもらってもいいやと思う



twitterにも生息中っす。
ニコ動投稿は今年の夢。


最近は東方も大ブーム

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(72)

  • 龍流。
  • Apollon
  • カナリヒマ。
  • massΩ
  • 奉一(花魁P)
  • hanzo
  • アイク@PC禁止令ってなんぞや
  • しえろP
  • butter_fly@半休止中。
  • linco
  • 風原ゆう
  • アズマ

フォロワー(16)

  • tatmos
  • 由菓
  • 海童子。
  • あき
  • アリサ
  • 仲゛ねぎ
  • 結城りおな
  • 龍流。
  • 外(の人)
  • 木下 志希
  • まりん☆★
  • フェリシアーノ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

線香花火【結月ゆかりの双子の弟・紲星あかり】

「線香花火、買ってきたんだ」 結月君が、線香花火を買ってきた。 「普通に花火やってもよかったけど?」 「コッチの方が好き」 「なんか寂しい気もする」 私は線香花火は嫌いだ。ぱちぱちと、光が飛んではすぐ消えて。太陽も消えてしまって。僅かにしか輝かない。刹那にしか輝かない。暖かい光だけは好きだけど、たったそれだけしか無いのが、嫌い。 「一夏の終わりには、ちょうど良い花火だと思うんだ」 -- 「お祭り?」 夏の終わり頃に、私の住む町ではお祭りがある。いろいろと賑やかなことでは有名だけど、他の町でもお祭りはあるので、さほど気にはとまらない。 「そう、今日あるの。で、あの、一緒に……行かない?」 結月君を誘った。夏の終わりの登校日、ちょうどその日がお祭りの日だった。 「……いいよ。どこで待ち合わせようか」  精一杯のおめかしをする。浴衣も、いつか使うからと言って、しばらく着なかったけど。今日は絶対に着ていく。学校に行くときには外してる髪飾りも、ちゃんと付けて。 「お、お待たせ結月君」 「ん、大丈夫」 思いの外、着付けるのに手間取ってしまい、ほんの少し遅れてしまった。歩きづらいと言うか、綺麗に見えるように気を使うと、結構遅くなってしまう。 「本当にごめんね、あの……」 「浴衣、似合ってるね」 「ありがとう」 「歩きづらそうだしね、気にしないよ?」 「う、うん、あ、ほら、屋台出てるよ、行こう」 褒めるときにはきちんと褒める。そう言うところが素敵だって思う。素直に感想を言われたのなら、素直に返すべき。そう思っていても、やっぱり、照れてしまう。照れ隠しみたいな言葉で、どうにか、平静を保って。 手を引いて、お祭りの喧騒へと、真っ赤になりそうな顔を見られないように、入っていく。 ーー 「お祭りに誘ったの、迷惑だった?」 線香花火に火をつけて、結月君に聞いた。 「いや、嬉しかったよ」 そうっと、火の玉がついて、火花を散らし始めた。 嬉しいというのは本心なんだと思う。相手へ抱いた気持ちを、特に、明るい感情はきちんと出すのが結月君だから。でも、暗い感情は出さない。どんなに寂しいと感じても、悲しいと感じても。そう言う人だから。 「寂しそうな顔だった」 「気のせいだよ」 寂しそうな顔をする瞬間は何度もあった。気のせいな訳ない。だって、私は、知ってるから。 ーー お祭りの中を歩いて見ていく。まだまだ暑いのはしょうがないけど、やっぱりこう言うときには……。 「かき氷!」 これしかないよね。 「はいはい」 「結月君は何にするの」 「え、あー、グレープで」 「私レモン!」 シャリシャリと、冷たく甘い味が喉を通る。キーンと冷たいおいしさは、格別だ。 「あかりちゃん、そんな急がなくても」 「ん、うあ……頭がぁ」 「ほらもー」 頭と言うよりは、鼻の方がキーンとなる感じがする。すぐに収まるから良いとしても、これだけは苦手。 「うー、でも夏の風物詩だから」 「ちょっとわかる」 「でも、グレープ味って有るんだねぇ。初めて見た」 「変な味ってわけじゃないけど、見かけないよね」 「どんな感じ?」 「んー、ほら、食べてみ」 かき氷を差し出された。 「んー、んん?」 「微妙かな」 ちょっと、好みの味ではなかった。けども、冷たくて、おいしい。 「うん……。あ、結月君、あーんして」 ちょっとやってみたかったので、ストロー匙を結月君に向ける。 「僕にはいいよ、あかりちゃんが食べな」 「……」 「僕のことは気にしなくて良いよ」 一緒にいて、気にするなって無いんじゃないの?冷たい。こういう冷たさは好きじゃない。何にも代え難い時間なのに。 「紫になってる」 「うぇ!?」 「べーっだ」 「そっちこそ黄色っぽくなってる」 「あはは」 「ふふっ」 考えたくないから、茶化すしかないんだ。 ーー 「私のことが嫌いなら、そういえばいいのに」 お祭りの時に感じていた、思い。結月君には事情がある。だから、あまり私に付き合わせているのは、迷惑なんじゃないかって。それだったら、いっそ、私のことを否定してくれていいのに。 「……」 線香花火の火の玉は、だんだんと大きくなりながら、ぽとりと落ちる。思いが募ったように大きくなって、心を乱すような揺れがあって。 「何もいってくれないよね」 「……ごめん」 落ちた火の玉からは、火花は散ることはない。ただ消えていくだけ。私が、聞きたいのはそうじゃないのに。私のことを、私を、ちょっとで良いから言って欲しかった。わがままだらけの風に吹かれてしまえば、心の炎も、落ちてしまうのに。私は貴方からその言葉は欲しくない。でも、私だって、真っ向からは、聞けないんだ。 ーー 「わたあめかぁ」 「結月君、買うの?」 「買うかな」 結月君は意外と甘い物が好きらしい。さっきもイチゴ飴とか、ベビーカステラを買っていた。ほんのりと嫉妬する。 「甘いね」 「え、あ、僕の分……」 「私より甘い物か」 「んぇ?え?あ、ごめん?」 「……声でてた?」 「あ、うん」 赤面する。こんなつまらない嫉妬を、結月君に聞かれるとは、というか、声にでるほどだとは……。 「ちょっと飲み物買ってくるね!?」 一回、リセットしよう、ちょっとだけ、ほんのちょっと落ち着くために。 「まってまって、はぐれちゃうから」 結月君に捕まる。確かにはぐれたら会えなさそう、かといって、この心地のままでは落ち着かない。 「ねぇ、ちょっと疲れちゃったから。どこか座れるところ無いかなあ」 一回場所を変えて、喧騒から離れて心を落ち着かせる。 「落ち着いた?」 「うん。とりあえずね」 神社の階段近くに座って、少しだけ喋る。 「次はどこ回りたい?」 「どうしようかな」 「結月君の行きたいところが良いな」 きっと、遠慮してるんだろうと思う。いろいろと、隠していたいこともあるだろうって思う。でも、今だけはどうか、一緒にいることを楽しんで欲しい。 「今は良いよ、お祭り終わった後でいい?」 「……いいけど?」 判断の付かない提案をされた。お祭りのあと、行きたいところ? 分からないけれど、楽しんでくれるのなら。でも、今をもっと。複雑な気持ちで答える。 「そういえば、飲み物だっけ」 「あ、うん」 「自販機で良いなら、駐輪場の方にあったよね、行こうか」 「うん。でも、わたあめ先に食べれば?」 「屋台のわたあめって一人分には少し辛いよね」 「私食べちゃうけどなぁ」 「ちょっと食べてみて?」 ざりざりとした触感がする。かたまって固くなっていた。 「時間を置いちゃうとこうなるんだよ。何だってそうだけどね」 間をおいて、間を空けて。誰にも構ってもらわないように。そうして、人を遠ざける。結月君がよくやってる手法。 「だからってまずいわけではないよ?」 そうしたって、どうしたって、変わらない物もある。 ーー 「嘘つき」 小さく、呟く。嘘や時間で、何でも遠ざけて。事情があったとしても、いつか人らしさが無くなってしまう。 「もう少し、やっていこう」 そう言って、自分の花火をつけた。私も、もう一本つけた。どうせ儚く散る運命だとしても、一瞬の輝きだとしても。一生に残るものになることもある。そうできるのに。 「結月君、いつ居なくなるの?」 忘れられないその表情に、胸を痛める。隠してたのに、知られたくなかったのに、忘れたかったのに、逃げたかったのに。そんな顔。私の一言が、刺さったんだ。 「……何で知ってんだ」 「偶然、ね。そんなに、知られたくなかったの?」 「あぁ……。他のが、聞いてても気にもしないさ。でも……」 「何も言わず、誰にも言わず。結月君らしいと思うよ」 「……あぁ、ありがとう」 「褒めてなんかないよ」 「だろうな」 もしも、私がこのことを知っていると、分かってたら、結月君はもっと楽しそうにしただろうか。それとも、悲しそうにしてただろうか。 ……いや、そんなのはいいんだ。そんなことは。 ー また、屋台の方にいく。私は食べ物が好きだけど、浴衣だとあまり食べれない。何よりも、結月君と一緒だから。 「射的だって」 「品ぞろえ良いな」 「結月君、あれ当てて」 ほんの少しの意地悪。 「えっ、いけるかな」 だとしても、結月君は断らないだろう。冷たくしても、遠ざけようとしても、どうしても変えられないのは、心の根底。意地悪だけど。 「ええっと、ちょっと他の人が終わるまで待とうか」 「うん……うん?」 結月君の目が、真剣になった。見ているのは、他の人のコルク銃。小声で空気圧がどうとかバネがどうとか呟いてる。果てはコルクの方も見つめている。 「あかりちゃんハンドクリームとかって持ってる?」 「え、あるけど?」 「ちょっとちょうだい?」 目を射的屋から放さず、ハンドクリームを手に塗って……。いや、きちんと延ばしきってない。手にムラを残したままだ。 「じゃあ、やってくるね」 そう言って、お願いした景品の他、お菓子、5発のコルクが全て、獲物をかっさらっていった。 「とれると思ってなかったけど、ほら」 「すごーい」 忌憚ない意見を述べる。5発全部当てた上に落としているのだ。周りからも既に賞賛の声が挙がっている。しかし、私は見てる。銃を選ぶ際にはさっきみた中で一番飛ぶ奴を選んでいる。さりげなくコルクを詰めたときにハンドクリームを塗っている。細かい他のテクニックは知らないけど、確実に当てていた。 「そんなに欲しかった?」 「ちょっとね」 結月君から、受け取る。小さい箱の中の、おもちゃみたいなネックレス。青い樹脂にきらきらとした銀紙の入っている。 「うん、そう。欲しかったの。とても」 どうしても、わがままで、意地悪だけど。物として、一個でも、欲しかったんだ。 ーー 「結月君は、私のこと嫌い?」 本当は、逆のことを聞きたかったんだ。最後に会えたのだから。どうしても、聞きたかったけど。でも、自信がなかった。結月君は、優しいから。こういう聞き方したら、困るって分かってるのに、答えられないって分かってるのに。ずるい言い方しか、できなかった。 「……最後の一本、あかりちゃんがやったら?」 「私は……」 結月君のことが、と言いかけた。 「ねぇ、さっき渡したネックレス、まだ持ってる?」 「……うん」 「後ろ向いて?」 後ろを向いた。いったん家に帰ろうと思ったけど、そのままここに来たから、まだ持ってる。夜の、帰り道の公園。ここから先は、二人とも違う道になってしまうから。近くのお店に売っていた花火をわざわざ買ってきて。 「うん、似合ってるね」 小さな、月のモチーフの、おもちゃみたいなネックレス。これは結月君がとってくれたネックレス。そして、結月君が、私につけてくれたネックレス。 最後の、線香花火は燃えることなく、私の手にあった。今日、私がいろいろと言って、いろんなことがあった。でも、独りよがりで勝手な私はずっと、私のことだけだったんだ。結月君が何でここに誘ったのか、人混みから外れた、最後の分かれ道まで居たのか。考えてなかった。私にとっての太陽は、線香花火みたいだった。輝いて、綺麗で。でも、ふとした瞬間に消えて落ちる。私が悪かったんだ。自分から輝こうとした瞬間に水を差して、消してしまった。 「あかりちゃんは、僕にとって星みたいだったよ」 「……え?」 「輝いて、綺麗で。ずぅっと空に輝いている」 目を伏せた。私の心を見透かされたようで、目を、合わせられない。 「星は自分で輝けないのに」 「輝いて見えたよ」 「うん」 燃えなければ、いつかまた、輝く日を待てるのかな。花火は。手に残った、線香花火は、今日はもう、点かない。 どうせ続くことはないと知ってしまったから、どうにかしたいと思った。出来ないと分かったときは、諦めた。それでも、二人の時間は美しい。線香花火は儚くても、その慎ましい輝きはずっと心に残るから。 だからこそ、今日この日を待っていたんだ。今日の思い出は絶対に忘れない。だって、今日は、今日が、君との最後の日だから。 「さようなら、あかりちゃん」 「さようなら、結月君」 家路についた。本当なら、もっと居たかった。もっとずっと、一緒の時間を過ごしたかった。まだ、話したい。出来ることなら、思いをぶつけてしまいたい。でも、振り向いたら、もう、何もかも終わっていることを、受け入れないといけない。もう二度と会えることはないと、いやが上にも、叩きつけられるようだから。 まっすぐ進むしかない。まっすぐ。 嗚呼、こんな思いをするくらいなら、きっと、好きにならなければよかった。でも、それでも、この想いは宝物だ。大事な思い出が消えないように、大事に心にしまっておくから。家について、時計をみる。もう、今日は、終わってしまう。 さようなら、愛しい人。いつか、また。会えたなら今度こそ。もう一度だけ、チャンスを取ってみせるから。

Pixivで見ました、イデア様の【設定付け注意】線香花火のお誘いを見た瞬間、ビビっと来ました。
元のイラストが結月弟君で、その方の設定ではCP的な相手は別の子なんですが

単純におときず派なので紲星あかりがお相手役になってます。
なんとなく設定がほんのり引っ張られていますが、気になさらないでください。

これ、8年ぶりの投稿らしいのでびっくりしてます。

もっとみる

投稿日時 : 2018/09/15 20:18

最近の投稿作品 (62)

▲TOP