アーバン・ノスタルジア(歌詞)

投稿日:2021/01/21 16:07:01 | 文字数:399文字 | 閲覧数:120 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「アーバン・ノスタルジア」歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「アーバン・ノスタルジア」歌詞

街並みに染まり 優しく包まれ
フワりとしていた 退屈していた?
気付けば大人さ 何にでもなれるさ
不安はなかった ロマンを求めて行くさ

変わらない日常に 飽き飽きしていた
夕やけ見つめた ちょっと脱皮した
荷物をまとめて 希望はふくれて
音速の箱へ ひかり号に乗せて

理想郷のはずれで 現実ロマンの狭間で
一ヶ月で虚しくなったな

都会の街に染まれば変わって
生まれ変われるような気がしていた
それでも夢見て何が悪いのかと
諦めはついてない
悪くはないさ

アルコールの味を 覚えて浸れば
勢いに任せ ネオン街の出会い
気付けば思うより あなたに恋をして
たやすく振り回されて私は 馬鹿みたいだね

時と共に去り行けば

都会の街に頼っても転んで
故郷(いつか)を思えばそれもまた然り
廻り廻り同じような過ちを
繰り返すけど それでも
今の方が 
悪くはないな

霧エクラです。音楽を作ります。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP