真夜中のシーザーサラダ

投稿日:2019/10/25 16:58:39 | 文字数:403文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何が好きで何が嫌なのか
誰が敵で味方なのか
自分なのか知らない誰かなのか

吹き出しに言葉をください
ありきたりの色をください
それ以外はどうか構わないで

いつの間にかさりげなく月が代わって
僕はまた一人でシーザーサラダを頬張っている
ガラスに乱反射してる 光掴めきれずに
こぼれ落ちたソースの形さえ感じるデジャヴ

こんなものに意味があるのか
これ以上は時間の無駄か
偽善なのかただのいじわるなのか

今までどうりいい子でいたい
ここから出たいけどあてもない
その想いが心を双子にする

いつの間にかさりげなく季節変わって
何気ない時をセンチメンタルに染めあげてゆく
憧れと理想の自由探し疲れては気づく
平凡なループを回るだけ感じるデジャヴ

いつの間にかさりげなく月が代わって
僕はまた一人でシーザーサラダを頬張っている
ガラスに乱反射してる 光掴めきれずに
こぼれ落ちたソースの形さえ感じるデジャヴ

はじめまして。
マイペースに曲をたくさんつくっていきたいと思っています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 真夜中のシーザーサラダ

    by ツカモンさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP