夜の終わり(歌詞・テキスト)

投稿日:2015/02/22 23:52:52 | 文字数:669文字 | 閲覧数:1,906 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

やがて世界は壊れ出す
街の灯りさえ遠く飲まれ
消えるよ

遥か遠い想い出
年相応に枯れてった
大人の真似を繰り返すたび
澄んだ藍色の空
記憶の彼方飛んでった
暗闇の中 星を捜して

(とぅっとぅ とぅっとぅっとぅうぅう)
愛しいほどに眩しい夜を
(とぅっとぅ とぅっとぅっとぅうぅう)
見惚れるほどの無茶な未来を
(とぅっとぅ とぅっとぅっとぅうぅう)
妄想だけで充分と
恥ずかしがっていないで
叶えたかった全部 もう

街は静かに偲び
馬鹿一人走り出した
寂しい夜怖ろしくなって
窓に差し込む光
見間違って追いかけた
あるはずないとわかってたのに

(とぅっとぅ とぅっとぅっとぅうぅう)
変わることなど永遠無いと
(とぅっとぅ とぅっとぅっとぅうぅう)
誓いもせずに信じてたんだ
(とぅっとぅ とぅっとぅっとぅうぅう)
若気の至り嘯いて
笑えるなら良いさ
でも涙溢れ見上げた

光閉ざす空へ
一人 願えど願えどため息ばかり
光消えた街で
今は 心が心が割れないように
夢を見て

遥か遠い想い出
澄んだ藍色の空
街は静かに偲び
窓に差し込む光

照らされ泣いた
微かに輝いたんだ
壊さぬように
そっと触れて

目が覚める
 
光閉ざす空へ
一人 願えど願えどため息ばかり
光消えた街で
今は 心が心が割れないように

遥か遠い想い出
澄んだ藍色の空
街は静かに偲び
窓に差し込む光

光 光

やがて世界は廻り出す
夜が明ける

夜の終わりに 僕は一人
夜の終わりに 空は煌き
夜の終わりに 鐘の音は響き
夜の終わりに ありふれた未来

もっと見る

▲TOP