voice

投稿日:2014/11/19 20:04:37 | 文字数:403文字 | 閲覧数:378 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

間違って引いた境界線
声を閉じ込めて
繋いだままの心も引き裂さかれた
移ろう景色に紛れて言葉が積もってく
塞いだ耳の中 溢れて


僕が存在している理由を知りたくて
叫びが零れて 応えは無くて
鏡の中の僕の残像
「一人にしないで」と呟いた


彷徨った迷子状態で
視線は泳いで
縋った孤独の先に何を見たの?
流れる涙に塗れて言葉は霞んでく
選んだのは僕なのにね


差し伸べられた手
僕を連れ出して
まやかしでもいい 愛して欲しい
そして教えて 僕の在処を
求めたその手は露と消えた


どうやったってダメなの
救われないんだよ
暗い 狭い 出られない
瞼落ちて―


僕が存在している理由を知りたくて
叫んでも叫んでも応えは無くて
鏡の中の君を見つめて
「一人にしないで」と抱き締めた


差し伸べられた手
僕を連れ出して
まやかしでもいい 愛して欲しい
そして教えて 君の全てを
痛いくらい儚い温もりを

午後ティーと申します。

主にボカロオリジナルを投稿させてもらっております。
ピアプロにはオフボ音源と配布用原曲音源、それから歌詞の方をアップしております。
それぞれ、ご自由にお持ち帰りいただければと思います。
改変等の制限も特に設けておりませんので、ご自由に楽しく使用していただければと思います。

二次創作についてですが、特に僕に報告を義務付けるようなことはしておりません。
ただ、ツイッターやピアプロ内で「こんなことやったよ!」と、
何か一言頂ければ、喜んでその作品を観に行かさせて頂きます。

ツイッターIDなどは、動画の主コメ欄を参照していただければと思います。

よろしくお願いいたします。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP