神さまへの方程式

投稿日:2015/12/02 22:39:21 | 文字数:444文字 | 閲覧数:213 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

天使のようにやさしくなりたかった女の子と、天使になり損ねたいきもののお話。

裏テーマは手羽先萌え。

12/2
かるーくメロ表記付加

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
パパとママはやさしい人で
わたしもやさしくなりたくて
だから人にやさしくします
肉屋の娘は微笑んだ

B
誰の言葉を受けとめては
誰かのねがいを真に受けて
ぶきっちょよろしく小さなお手ては
他人にばかり割いていて

C
人にやさしくなりたかったの
やさしい人になりたいの
やましい心は奥で蓋して
やらしい性根も押し込めて


A
ある日拾った天使の羽根は
みにくく歪んでハゲていて
「天の遣いになり損ねたんだ」
とてもさびしく微笑んだ

B
やさしくするたび受けた言葉は
やがて心に響かずに
上辺繕う都合の御業よ
あたしはいつから偉かった?

C
人にやさしくなりたかったの
やさしい人になりたいの
病んだ心が注いだこころに
どれほど価値があるというの

C'
やさしい人になりたかったの
人にやさしくなりたいの
やましい心は奥で蓋して
やらしい性根も押し込めて


A'
ある朝拾った天使は言った
「自分にやさしくならなくちゃ」
ハゲた翼はみにくかったけれど
確かにここで飛び立った

一色=いっしき
美しい言葉を泥臭く、吐いた言葉に貴さを

まいりすと。

http://www.nicovideo.jp/mylist/23916419
https://www.youtube.com/playlist?list=PLdYqNhjbUrkB0g9VOZpMJzHphiJNQPpPZ

ついったー

@IsshikiAlto

もっと見る

もっと見る

▲TOP