l-白色 歌詞

投稿日:2014/04/08 16:46:03 | 文字数:341文字 | 閲覧数:424 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

忘れぬように。


いつだって僕は一人で

悲しみに酔いしれてたの

気が狂いそうな毎日を

どこかで望んでいたの


手を取ってくれたあなたが

その手を離しただけ

いつからか分かっていたんだ

このままじゃ何も変わらないと


繋いだ手の温もり思い出して

冷え切った心に火を灯して

昨日の醜い自分を殺したくて

揺らめいてる僕をどうか許して


傷を隠すための愛だって

そこにあるのに代わりはないだろう

触れられないもどかしさを

抱いて明日を夢見てたよ


永遠なんてどこにもない遠い初恋

揺らいだ目線の先 光 淡い幻

切なさも愛しさも殺されてく

だけど確かにあったあの日の気持ち


忘れぬように。


今度会う時は新しい僕と君

(プロフィールはありません)

もっと見る

▲TOP