君の好きな雨、君の好きな晴れ

投稿日:2021/10/14 18:52:35 | 文字数:395文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

落ちる雫
描く波紋
斑に濡れた
隙間くぐる

伸びた影を
踏んで追って
遠い空に
雲足馳せる

晴れた空と上がる気圧
ほらここ
風が降りる
あぁそうだこんな日に
君はまた笑っていたね
そうあの時眩しくなって
目を背けたこと覚えていたよ

下がる気圧
上がる雲はいずれ落ち
粒が併さって降り注ぐ
濡れた手重なる
ここからまたここ
いつもの寂しさ
溢れて 言葉が出逢えた今

同じ空に
君が好きな色に
描いた模様は
どんな風に
分かれたのか
そう
鏡合わせ対の片割れ
音が広がる
また離れても
君と繋がる歌を
歌えるから


歩みを進め
何処へ向かうのか
雲は流れる
行く宛もなく
落ちた記憶はほろ苦く
明日への意味を探した

同じ空に
君が思うままに
描いた季節は
どんな風に
変わったのか

ひとつふたつみっつと
音を重ねるたびに
変わって
また逢える日まで
君を忘れないように
伝えるから

作曲石材。
P名はまだ無い。
作曲自体はカンというか、独学というか。
ボカロPやったり、フォーマルテイストをかじった曲を作ったり。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 君の好きな雨、君の好きな晴れ

    by 影石マサカズさん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP