Friends

投稿日:2019/01/13 23:05:06 | 文字数:1,357文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

Yonetさんの歌詞募集に応募中です。
https://piapro.jp/t/cJMO

よろしくお願いしますm(_ _)m

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつも今も胸の奥をうずかせる
せーので合わせた初めての音色は
四角い街へ向かう常識というレールの上
違う景色への助走みたいだった

淡い恋の柔い末路書き殴る
涙色のメロディーがそっと撫でる
やりきれなさももどかしさもかき消すストローク
君と分かち合うまま来たけど

季節めぐり 四度目の春の気配
分かってはいても チクリ

いつまでも いつまでも続くと思ってた
青春さえエンドロール間近で
どこまでも どこまでも届いてゆくような
声に今 思い乗せて

そして今も胸の奥で根付いてく
夢の種にウソはつけずに水やり
いつでもまるで二人鏡写しだったけれど
君のアルペジオはもう寂しげ

独りよがり それでもいい
追いかけてく力なら 君がくれた

空よりも 星よりも 宇宙の果てよりも
遠くへと伸びる道を選んで
どこまでも どこまでも進んでゆくのなら
君に今 心こめて

離れても 何しても 覚えていて
シンプルで 青臭いコードでもって
それぞれの 明日へのステージまで
響かせる 背中押す 最後の歌

何度でも 何度でもリピートしよう
これからも 友達だと

いつまでも いつまでも続くと思ってた
青春さえエンドロール間近で
どこまでも どこまでも届いてゆくような
声に今 思い乗せて

空よりも 星よりも 宇宙の果てよりも
遠くへと伸びる道の先でも
いつまでも いつまでも忘れはしないから
君に今 心こめて


***譜割り***

いつもいまもむねのおくをうずかせる
せえのであわせたはじめてのねいろわ
しかくいまちえむかう(じょう)しきという(レー)ルのうえ
ちがうけしきえのじょ(そう)みたいだあた

あわいこいのやわいまつろかきなぐる
なみだいろのメロディイがそ(おっ)となでる
やりきれなさももどかしさもかきけすスト(ロー)ク
きみとわかちあうままきたけど

きせつめぐり よんどめのはるのけはい
わかあてわいても チクリ

いつまでも いつまでもつづくとおもおてた
せい(しゅん)さえエンドロオルまぢかで
どこまでも どこまでもとどいてゆくよおな
こえにいま おもいのせて

そしていまもむねのおくでねづいてく
ゆめのたねにウソはつけずにみずやり
いつでもまるでふたりかがみうつし(だっ)たけれど
きみのアルペジオわ(もう)さびしげ

ひとりよがり それでも(いい)
おいかけてくちからなら きみがくれた

そらよりも ほしよりも うちゅうのはてよりも
とおくえとのびるみちをえらんで
どこまでも どこまでもすすんでゆくのなら
きみにいま こころこめて

はなれても なにしても おぼえていて
シンプルで あおくさいコオドで(もっ)て
それぞれの あしたえのステエジまで
ひびかせる せなかおす さいごのうた

なんどでも なんどでもリピイトし(よう)
これからも ともだちだと

いつまでも いつまでもつづくとおもおてた
せい(しゅん)さえエンドロオルまぢかで
どこまでも どこまでもとどいてゆくよおな
こえにいま おもいのせて

そらよりも ほしよりも うちゅうのはてよりも
とおくえとのびるみちのさきでも
いつまでも いつまでもわすれわしないから
きみにいま こころこめて


※カッコ内は1音です。

〜想イノ雨ヨ、君ニ降レ〜
ヘッダーは下弦さんに描いて頂きました!

歌詞書きやっております。
コラボしていただける方、
また曲つけたい歌詞がありましたら、
気軽にご一報ください。

なお、使用端末はiPhone7です。
不便なこともあるかと思いますが、
よろしくお願いします。

ちなみにアイコンは本人です笑

尊敬 スピッツ/GRAPEVINE/吉澤嘉代子/松本隆

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP