EDIBLE_Lyrics

投稿日:2019/06/24 21:12:08 | 文字数:655文字 | 閲覧数:131 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

BPM115

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

食べ切れない この料理も思い出も
少し頼み過ぎてしまったかな
そういえば話したかったことは
残さず食べたなら話そうか

飲み切れない このスープも思い出も
時間をかけ過ぎてしまったかな
そういえば話そうとしてたことは
残さず食べたなら言える


絲のように紡ぐ言葉が
二人辿る跡を織りなした
晴れた日の白い縫目は
スープに溶かしたんだ

当たり前に繋ぐこの手は
今じゃとても君に伸ばせない
いつの間にか違う想いは
二人故に口に出せずに


わかってたって僕らまだ気付かないフリで
切り取った思い出を取り分けていく
並べられた料理も二人の時間も
全て含め覚えている

わかってるって少しだけ急ぐフリをして
噛み締めた思い出が飲み込めないまま
唯 時計の音が響く
嗚呼 料理が冷めてしまう


こうして明かり灯る街は
何も変わらずに流れて
暗い部屋に映る映画
コーヒーの香りと共に漂う記憶


触れぬように交わす言葉が
座り慣れた席に木霊する
雨の日の青い調べは
グラスの中沈んだ


不完全な愛を並べては
未完成な夜に味わって
不顕性な日々は氷の様
愛想無い僕を映す

不健全な恋を注いでは
時間制な夜に味わって
不感症な僕は満たされずに
空腹な夢を見ていた


甘い願いは二人手を取り叶えてきた
苦い思いは二人で正しく分け合った
並べられた料理も二人の時間も
全て含め飲み込んでいく

わかってたって少しだけ迷いそうになる
噛み締めた思い出がまだ愛しいから
今 グラスの音が響いて
嗚呼 全て食べ終えてしまった

様々なジャンルに挑戦していきます!よろしくお願いします!

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • EDIBLE_offvocal

    by R Sound Designさん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP