最後の岸辺

投稿日:2010/02/02 01:17:59 | 文字数:344文字 | 閲覧数:137 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

そんなだめんず・うぉーかー(古)なルカです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あなた 浮かない顔してる
どうしたの こんな夜更けに
幼い目つきなんかして
好きな子にでもふられたのね

流れ着いた私の海
どうぞひとつ お眠りなさい

激しい流れにもまれ 傷つく男がいつも
私の胸に抱かれ眠る そして遠く昇る太陽


たとえば いくつもの海を
流れた舟があったとして
私へと辿りついたら
抱いてあげる 汚れていても

泣いていいわ 思うままに
そうよ ここは最後の岸辺

優しい調べに揺られ 甘える男がいつも
安らかな息をして眠る 白々と照らす太陽


人魚姫はひれを捨てた
2本の足で歩き出す
月日は傷を癒しきる
後に残るは足跡だけ

私はただ見送るだけ
そうよ ここは最後の岸辺

悲しくしゃがれた声で 奏でる私はいつも
最後の海であなたを待つ ただひとつ抱くは太陽

歌詞を書いています。文章屋です。

音楽系趣味は某音ゲー(太鼓じゃない奴)の影響が強いです。
レンの姫歌に惚れて入会しました。

詩しか書けませんが、なんにでも使って頂けると幸いです。
手書き以外の文書には一切絵文字、顔文字、アスキー文字(?)を使わない、
という信条を持っているので、多少コメントがそっけなく感じられるかも知れませんが、
愛情たっぷりです。よろしくお願いします。

名前は、「七瀬」が本当ですが、既に別の七瀬さんが入会されていたため、
アンダーバーを挟んでいます。どちらを使ってくださっても結構です。

ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/mylist/8622943

実谷ななさんのCDに参加させていただきました
http://pigxie.com/mitani_nana.html

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP