紅に染めたるは妖の夜

投稿日:2015/01/31 00:47:13 | 文字数:703文字 | 閲覧数:206 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

http://piapro.jp/t/H0mw
けんたん☓きゅおんさんとのコラボ作品です!

和風な歌詞を今回初めて書かせて頂きました(*´ω`*)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

紅く燃える鬼灯の明かり頬を染めて
落つる涙 秘そませし 愁いの鬼よ
焔灯す指先で 弧を描き想う
闇に迷う妖の真の言ノ葉を

舞い散る花弁集めては
ほの香薫る 風に泳ぐ
遠き面影


凍る刻に閉じ込めた温かな眼差し
契約交わし永久に生き 冥府へ誘う
餓える血潮宿されし 心捉えては
闇に潜む妖の還らぬ灯火よ

紅涙翳る月明かり
焔燃ゆる 闇に隠す
金色の瞳よ


変わらぬ姿で彷徨い
常世求め 一人歩く
孤独を背負い

今宵も夢魔に堕ちてゆく現世の狭間で
闇に潜む 永久に醒めぬ
妖の夜

闇に潜む 永久に醒めぬ
妖の夜

---------------------------------------------------------------------------------------------

あかくもえるほおずきのあかりほほをそめて
おつるなみだ ひそませし うれいのおによ
ほむらともすゆびさきで こをえがきおもう
やみにまようあやかしのまことのことのはを

まいちるかべんあつめては
ほのかかおる かぜにおよぐ
とおきおもかげ


こおるときにとじこめたあたたかなまなざし
ちぎりかわし とわにいき めいふへいざなう
うえるちしおやどされし こころとらえては
やみにひそむあやかしのかえらぬともしびよ

こうるいかげるつきあかり
ほむらもゆる やみにかくす
こんじきのめよ


かわらぬすがたでさまよい
とこよもとめ ひとりあるく
こどくをせおい


こよいもむまにおちてゆくげんせのはざまで
やみにひそむ とわにさめぬ
あやかしのよる

やみにひそむ とわにさめぬ
あやかしのよる

はじめまして八高(やたか)さつきです。
超ド素人ですが、よろしくお願いします(*^^*)
作詞メインで頑張っていこうと思います!
アイコンはななしさんに描いて頂きました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP