04.ツナ缶 -徳用サイズ-

投稿日:2009/05/17 19:58:56 | 文字数:240文字 | 閲覧数:33 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞&作曲 てむぴー

ボーマス8にて配布したアルバム『星ときどきご飯』用の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ある日ツナ缶はマヨネーズと出会った
運命?必然でした
僕との相性は最高
そう他に何もいらない

醤油をかけたっていい
何に入れたって
だけどマヨネーズは嫉妬しちゃう

無限の可能性
留まるには多すぎて
だから行くよ
許してね


ある日ツナ缶はマヨネーズに嫉妬した
愕然?当然でした
僕よりも愛されどこだって
そう僕から離れていった

サラダにかけたっていい
お好み焼きだって
だからマヨネーズは行ってしまったんだ

無限の可能性
留まるには多すぎて
だけど行かないで
僕のとこへ

ミクさんとパンクがスキです。
支援してくれる人に感謝です(漢泣)

Twitter(気軽に繋がりたい方用)
https://twitter.com/#!/tmp_sound

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP