花曇り / 初音ミクオリジナル

投稿日:2020/04/04 19:32:34 | 文字数:365文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

花曇り


「言葉じゃ言えないことばかり憶えてるけど、歌なら伝わるんだってこと知ってるんだよ」

僕が好きだった掠れた声のその引力を、ああ

二人、声を出して、春が咲く
歌は風になっていく
ふわり宙に浮いた花が舞う
僕は大人になっていく
ひらり降った空と花曇り
これくらいが良いと笑えたあの日を指先が憶えている

「明日は如何なるなんてこと知らないけど、明日も僕らの声はまた響いてるんだよ」

手紙に書いていた、言葉に綴じ込めていた想いを
ああ、貴方に届くまで

二人、今日もずっと歌を歌う
春は色になっていく
まるで今日を待っていた世界
全て歌になっていく

二人、声を出して、春が咲く
歌は風になっていく
ふわり宙に浮いた花が舞う
僕は大人になっていく
ひらり降った空と花曇り
これくらいが良いと笑えたあの日を指先が憶えている

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP