サンクチュアリ

投稿日:2016/09/08 01:45:46 | 文字数:522文字 | 閲覧数:1,138 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

辛い事 誰かに見られている事
怖い事 誰も僕を視ない事

聞こえないように 耳を塞いで
目標 計画 立てて壊して
こんな僕は消してしまいたいのにな

無愛想なこの世界を 壊れない様に守っている
静謐な不干渉人生を ただ望んでいる
なのに僕は否定してきたあなたの事を なぜ妬んでしまうのだ
自分さえも 救えやしないのに

強い物 人間の中にある物
弱い物 僕だけにしか無い物

傷つかないように 大事に仕舞って
ずっとずっと隠したものを
こんな簡単に捨てられやしないのにな

不完全な理想論を この手で世界に放っている
高潔な犠牲的人生を ただ望んでいる
なのに僕は否定してきた自分の事を なぜ偽ってしまうのだ
昨日さえも 笑えやしないのに

この壁越しに彼は 私を見ていたのに
自分にしかこの眼は 向かってなかった

不格好な僕の半生から目を逸らしていたんだ
縋るように作り出した依り代の中
なのに僕は否定してきた僕を許すため歌っているのだ
何回だって

無愛想なこの世界を 壊れない様に守っている
静謐な不干渉人生を まだ望んでいる
なのに僕は否定してきたあなたに 触れていたいと願ってしまうのだ
何回だって 手を伸ばすから

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

サンクチュアリ

辛い事 誰かに見られている事
怖い事 誰も僕を視ない事

聞こえないように 耳を塞いで
目標 計画 立てて壊して
こんな僕は消してしまいたいのにな

無愛想なこの世界を 壊れない様に守っている
静謐な不干渉人生を ただ望んでいる
なのに僕は否定してきたあなたの事を なぜ妬んでしまうのだ
自分さえも 救えやしないのに

強い物 人間の中にある物
弱い物 僕だけにしか無い物

傷つかないように 大事に仕舞って
ずっとずっと隠したものを
こんな簡単に捨てられやしないのにな

不完全な理想論を この手で世界に放っている
高潔な犠牲的人生を ただ望んでいる
なのに僕は否定してきた自分の事を なぜ偽ってしまうのだ
昨日さえも 笑えやしないのに

この壁越しに彼は 私を見ていたのに
自分にしかこの眼は 向かってなかった

不格好な僕の半生から目を逸らしていたんだ
縋るように作り出した依り代の中
なのに僕は否定してきた僕を許すため歌っているのだ
何回だって

無愛想なこの世界を 壊れない様に守っている
静謐な不干渉人生を まだ望んでいる
なのに僕は否定してきたあなたに 触れていたいと願ってしまうのだ
何回だって 手を伸ばすから

もっと見る

▲TOP