ヴィランは静かに暮らさない

投稿日:2016/11/27 02:45:14 | 文字数:1,174文字 | 閲覧数:346 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

ゆかりさんの新曲です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

正義を語って悪をなぶる
蹴って殴って傷つけてやって
そうする正義が正義なのか
答えに応えることなく

そうして彼は吊るされていた
小さな罪の償いに


言葉のナイフが収まる先を
探して晒して刺して笑って
のたうつヴィランのビートに乗せて
ダンスルームはますます燃える


断罪者達のダークな笑みが
俺を撃つ 終わらせない


そうだね わかっていましたとも
それは血を死を仕込む遊び
標的を 捕捉して 火をつけて
非につけこんで
楽しい正義の遊び STOP


正義がいま蔓延っているから
少し数を減らそう(減らそう)
悪をなぶる正義の偽物に
痛みを知る機会にと
反撃する狼煙を上げろ


孤独な日々を 望まぬ君を
仮面の下に見たけど
使命運命しかたがないからそう俺は
弱い心かくして戦う 嗚呼
悪役だ もう沢山だ
理解も 利益も 期待もないが勝つまでやるんだ
そうして 正義が黙るまで
ヴィランは静かに暮らさない


いじめは駄目だと誰かが言う
清く正しく空気を読んで
平和を愛する正義だけを
認めて許してあげると

俺だけ一人うつむいていた
クラスルームのはしっこで

アイツは話が合わないからと
ひそひそクスクス影で笑って
正義の裁きはいつでも勝つと
ホームルームは歓喜に満ちる


正義同盟の無邪気な笑みが
俺をみる 終わりなどない

そうだね わかっていましたとも
それは良い子でいれる遊び
悪者を 割り出して 目を付けて
目にもの見せて
楽しい良い子の遊び STOP


正義がまだ蔓延っているから
少し数を減らそう(減らそう)
悪とみなす正義の気取り屋に
矛盾を知る機会にと
反逆する宣戦をしよう


戦う日々を 望まない俺が
仮面の下にあるけれど もう
なにもかもを捨て去って知らないふりなど
出来ない相談だよ 今更 嗚呼
悪役だ もう沢山だ
仲間も 静寂も 無様にないが勝つまでやるのさ
そうして 世界が変わるまで
ヴィランは静かに暮らさない


いつまで続くか終わりはありません
どこでもどこにでも玩具はありあまるほどに
叩いて壊して死んだら次の罪
次のは君かもね 生け贄が幾つあるにしろ
最後の最後 隠した罪科が 笑顔で暴かれる
遊んで死んでから 飽きられ 野ざらしになって
今度は誰の罪で遊ぼうか? ああそう、君の番?
終わらない負のゲームは続くだろう それでもさぁ

正義がそう蔓延っているから
少し数を減らそう(減らそう)
悪をなぶる正義の偽物に
痛みを知る機会にと
反撃する狼煙を上げろ


孤独な日々を 望まぬ君を
仮面の下に見たけど
使命運命しかたがないからそう俺は
弱い心かくして戦う 嗚呼
悪役だ もう沢山だ
理解も 利益も 期待もないが勝つまでやるんだ
そうして 正義が出来たなら
ヴィランは静かに暮らしたい

ポンコツトラックメイカー。iPadで作曲しています。
結月ゆかりたんが好きです。

Twitter
https://twitter.com/10kgtr

ボカロマイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/55580830

ブログ
http://www.10kgtr.net

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【結月ゆかり】ヴィランは静かに暮らさない【オリジナル】

    by 天王丸景虎(テンパーP)さん

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP