※イメージ:「花」花火など/「華」あの人のこと

<A-1>
ひとりの 部屋で 虚しく響く 音の花(4-3-7-5)
あの人の 影も見られない 眠る気もしやしない(5-8-10)

<B-1>
瞳を 閉じても 聞こえてくる ココロにくる(4-8-6)
次々開く花 思い出だして 頬を濡らせた (9-7-7)

<サビ-1>
あぁ… 花火が終わる(2-7)
浴衣で 引っ張る腕が いつもより優しくて(4-7-10)
そう… 季節も終わる(2-7)
あの丘の 特等席で 見ているだろな 花を最後まで…(5-7-7-7-8)


<A-2>
となりで 見てた 喜び笑う 夜の華(はな)(4-3-7-5)
あの人の 夢も見られずに 想い出が哀しくて(5-8-10)

<B-2>
窓越し 外から 聞こえてくる 浮かんでくる(4-8-6)
次々響く音 幸せだった 膝を抱えた(9-7-7)

<サビ-2>
もう… 花火が終わる(2-8)
フリース 姿がキレイで いつもより輝いて(4-8-10)
でも… 季節も終わる(2-8)
あの丘で 逢えない辛さ 夜の火の華(はな) 散らしはじめてた…(5-7-7-7-8)


<サビー3>
さあ… 華火が終わった(2-8)
あの笑み 浮かべることが いつもより辛かった(4-7-10)
もう… 季節も終わった(2-8)
隠している 見せない涙 朝の陽(ひ)の華(はな) 光り放ってた…(5-7-7-8)


<C>
あぁ… 恋火は終わった(2-8)
あの声 忘れられない 静かな寝顔 動かない寝顔…(5-8-7-8)
あの笑み 昨日も見ていた サヨナラと手を振り 散ってしまっていた(4-8-9-9)
もう 見られはしない あの人の 笑顔が咲かせてた(2-7-5-9)
華火…(はなび)(3)

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい
  • 作者の氏名を表示して下さい
  • オリジナルライセンス

最後の華火(はなび)

蔵入りしていた詞を、添削していただきながら書き直しました。

詞横の()数は制作時につけたものですので、気にしないでください。よろしくお願いします。

>20.08.10 ご指摘を受け、思い当たり一部改変。(文字数無視)
>19.04.15 完了
>19.04.14 改変(兎ルルさんのご意見を参考にしてみました。参考んできているといいんですが・・・(;'∀'))
>19.04.13 改変(大幅かな?思い切って変えてみました)
>19.04.10 改変

閲覧数:19,074

投稿日:2020/06/10 02:09:58

文字数:762文字

カテゴリ:歌詞

オススメ作品

クリップボードにコピーしました