運命は最悪で

投稿日:2014/02/25 17:22:47 | 文字数:515文字 | 閲覧数:210 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

友達がどんどん上に行くのでその気持ちを歌詞にしちゃいました

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

後ろに下がっても前に進んでも
見えるのは変わらなくて
光も闇も影も何も無くて
あるのは自分の存在で
何かないかと探すのも
もう面倒で気力がなくて


あの時君が差し延ばした手を
握って離さなければ
運命が変わってたのかな
君と出会ったのは『最悪』でした


道がないならどうすればいい
作る?今の自分には出来なくて
諦める?昔の自分には出来なくて
ならいっそ立ち止まっていよう


君は雲の上の存在で届かなくて
位置は変わらなくて
顔が見たくても自分には無理で
見えるのはずっと背中で
見たくてもがいてる自分がいて
でも届きそうにもなくて


あの時導いてくれたのを
意地にならないで素直になってれば
運命は変わってたのかな
君と出会ったのは『最悪』でした


道がないならどうすればいい
作る?今の自分には出来なくて
諦める?昔の自分には出来なくて
ならいっそ立ち止まっていよう


君がどんどん前に進んでいって
自分がどんどん後ろに下がって
いつか背中も見えなくなってしまうのが
怖くて嫌で考えたくもなくて
焦れば焦るほどわからなくなって


自分のペースでいい
そう言った君はもう居なくて


君と出会ったのは『最悪』でした

歌詞を書きます。

(※いくつか歌詞に名前表示してないのがあります。無いと思いますが無断で使うのは止めてください。メッセージか何かの形でお知らせをください。私と関わったものにはお手数ですが、どこかに「夢狼ー8n16-」を入れてください。)



夢狼ー8n16ー(ゆめろうーはちえぬいちろくー)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP