ファントムバイブレーションシンドローム

投稿日:2013/09/27 23:58:51 | 文字数:396文字 | 閲覧数:48 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何も知りたくなくて瞼を閉じた
光は容赦なく明度を上下させる

おしゃべりがうるさくてイヤホンをはめた
甲高い音(声)が線路(ベース)の上を走る

今 だれか 私を呼びましたか
私を必要としてくれますか
まだ キミは 私を覚えていますか
ずっと待っているのに 返事くれないの


お医者様はもう嫌で マスクをつけた
吐息が熱っぽくて 風邪の臭いがした

触れるのが怖くてゴム手袋をはめた
ぬるぬると気持ち悪い感覚だけ残った

今 だれか 私を呼びましたか
私を怒るつもりなのでしょう
まだ あなた 私を覚えていますか
早く忘れてほしいのに 忘れられないの


今 だれか 私を呼びましたか
私を必要としてくれますか
まだ キミは 私を覚えていますか
ずっと待っているのに

もし 君が震えて泣いていても
私も震えているのだから
悲しみが 私に判るでしょうか
きっとやって来るのに 今は怖くないの

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP