短夜

投稿日:2010/06/19 18:27:27 | 文字数:285文字 | 閲覧数:28 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

初投稿です。
外国語を入れない方向で書いてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月下美人密かに一輪
人知れずに宵を待つ
誰も私に気付かない
小さな粒が葉につたう

蝙蝠さえも怯える闇に
息を殺して軽く触れた
夜空彩る星々が
いつもより明るく見えた

月を超える短夜
朝の行方を手にする
貴方を見つける手掛かりが
きっとそこに輝く

消したはずの追想が
扉開けろと叫んでる
これ以上抑えもきかず
上の空の瞳が潤む



何気なく手を振ってきた
あの日の貴方は夏の香り
遠くから振り返してみた
あの日の私は今何処?



月を超える短夜
朝の行方を手にする
私を見つける手掛かりが
きっとそこにあるはず


巡り昇るあの星が
照らした朝露 静かに零れた

趣味で色々書いてます(主に詩)。

どうにも内向的なので、声かけてくれると嬉し過ぎます。

あまりログインできませんが、こんな新参者をどうぞよろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    Please tell me the right 読み方 if you have time to do so, or I think I will not arrange it properly.

    2011/06/03 20:21:29 From  ypselon

  • userIcon

    メッセージのお返し

    「短夜」is called "Mijikayo" in Japanese.
    It is a meaning of night of summe night.

    2011/06/11 18:09:12 Amenohi

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP