ナルシサス

投稿日:2019/08/10 12:45:47 | 文字数:384文字 | 閲覧数:75 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

愛することに愛を求めて
大切なひとを苦しめてしまう
ただ幸せを願えるような
そんな風に愛せたなら

さよならよりも冷たい空白
ココロは確かに血を流していた
それでもきっと花は枯れない
本当は水をくれているから

優しい雨が髪を濡らして
柔らかなままで隔てられた空を想うよ

愛が欲しい
醜い花は願わずにはいられない
どうかせめて
幸せを願わせてよ



空気の澄んだ透明な朝は
始まる名前を祝福していた
優しいだけの世界でいてよ
そんな願いを込めてもいいよね

受け取った傷がまだ痛むけど
それを癒すのもその声と言葉なんだよ

傷が欲しい
わがままを言って暴力をふるってよ
見せて欲しい
醜いままの姿を



愛が欲しい
醜い花は願わずにはいられない
どうかせめて
幸せを願わせてよ
雨が止んで
澄み渡る空に手を伸ばしても届かない
光はいらない
どうか花に水をください

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

愛することに愛を求めて
大切なひとを苦しめてしまう
ただ幸せを願えるような
そんな風に愛せたなら

さよならよりも冷たい空白
ココロは確かに血を流していた
それでもきっと花は枯れない
本当は水をくれているから

優しい雨が髪を濡らして
柔らかなままで隔てられた空を想うよ

愛が欲しい
醜い花は願わずにはいられない
どうかせめて
幸せを願わせてよ



空気の澄んだ透明な朝は
始まる名前を祝福していた
優しいだけの世界でいてよ
そんな願いを込めてもいいよね

受け取った傷がまだ痛むけど
それを癒すのもその声と言葉なんだよ

傷が欲しい
わがままを言って暴力をふるってよ
見せて欲しい
醜いままの姿を



愛が欲しい
醜い花は願わずにはいられない
どうかせめて
幸せを願わせてよ
雨が止んで
澄み渡る空に手を伸ばしても届かない
光はいらない
どうか花に水をください

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP