IOさん作品一覧

青い物が大好きなしがない詩書き。
まったり気まぐれに、ひねくれた文章を書いてます。基本的に冷めてる。でも時々ふっ切れる。
お気に召しましたら読んでくださいませ。

もっと見る

    IOさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    サファイア・ロータス

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    昏い水の底 沈められた過去の時の骨
    泥を舐める命が今 清流(せせらぎ)と触れ合った

    どれほどの業と塵芥の輪廻
    蕾は雫に濡れて打ち震える
    月も無き夜に開くは 淡い星色の花弁
    あなたのすべてが欲しい

    闇を殺し光を裂いて
    生まれ落ちる十二の罪
    枯れ果てるその末期が 運命なら
    どうかその時まで 教えて


    愛を・・・

    愛を・・・

    愛を・・・


    薄れるだけの記憶 記憶は死んで真珠になる
    遺された思慕(おもい)の残滓は 純白を青に染め変えて

    水を濁し命を吸って
    花開くは恐るべき清純
    誠実がその彩りの 価値ならば
    最期まで美しく散らさせて

    君を殺し私を裂いて
    生まれ変わる宿世の青い花
    この一瞬 どうか夢なら
    溺れるまでの永遠を続けて


    どうか・・・

    ――――サファイアの宝石言葉・・・「誠実・真実・慈愛」など。持ち主が不実を働くと、その輝きは失われてしまうという。

    植物園の青い蓮に感動して作ったのにどうしてこうなった。
    「エフェメロワルツ」に準ずる歪んだ愛情の歌。なんというか、相手に尽くしすぎてその結果おかしくなってしまった人の愛。「エフェメロ~」のイメージが赤なら、この詩のイメージは青、そして深い闇です。

    ライセンス:

    投稿日時:2013/09/04 00:20:47

    閲覧数:99

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP