春の訪れ

投稿日:2021/05/06 16:08:18 | 文字数:539文字 | 閲覧数:729 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

はる はる うらら うらら はる
はる はる うらら うらら はる
はるはれたなら はなみにうたげ
はる はれ ひざし やさしいね

ねすごしてしまう さくらいろのはる
さくらもほほえんでいる
ゆめごこちよし
つどいをいわうはなたちわ さきほこる

みらいにむかい とまらない はかなさ
はるのさかりに かこつけたら
こいをしようか

はる はる うらら うらら はる
はる はる うらら うらら はる
はるはれたなら はなみにうたげ
はる はれ ひざし やさしいね

↓漢字 直し

春 春 麗 麗 春
春 春 麗 麗 春
春 晴れたなら 花見に宴
春 晴れ 日差し 優しいね

寝過ごしてしまう桜色の春
桜も微笑んでいる
夢心地良し
集いを祝う花達は咲き誇る

未来に向かい止まらない儚さ
春の盛りに託つけたら
恋をしようか


春 春 麗 麗 春
春 春 麗 麗 春
春 晴れたなら 花見に宴
春 晴れ 日差し 優しいね


宵越し照らす朝ぼらけ
暁が来た後に目が覚める
香しき爛漫よ
春一番が来て心が揺れる

未来に向かい止まらない儚さ
春の盛りに託つけたら
恋をしようか

春 春 麗 麗 春
春 春 麗 麗 春
春 晴れたなら 花見に宴
春 晴れ 日差し 優しいね

趣味で作詞。短歌サイト新アララギでも投稿。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP