流星群

投稿日:2020/09/06 11:38:56 | 文字数:523文字 | 閲覧数:65 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

中学生ボカロPの三作目です。夜に書いていたので意味不明なところもあると思いますがお願いします。良かったらフォローもお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏の夜の空に  一つの流れ星が見えた
そうすると次々に流れ星が降ってきて
願い事をしたよ 君にもう一度会えますようにって
この流星群はいつまで続くかなって見てた
きれいに分かれて消えていく 
この流星群は僕の恋かなって
あれからずいぶん経ったな
好きだったあの子と別れた日から
だけど僕は思う もう一度あの子に会いたいなって
そして流星群が見れる日を
そしてきれいに見れる場所を
あの子に会うため探したよ
流星群が見れる日にその場所に行って待ってた
そうすると一つの流れ星が見えて
そのあとを追うように次々と流れてく
一つの流れ星が分かれて消えていくその流れ星に願い事をしたよ
もう一度あの子に会えますようにって
何回も何回もお願いしたよ そして流星群が終わって帰ろうとしたとき
どこか見覚えのある人を見つけた そして近づくとやっぱりあの子だった
さっきお願いをしたあの子 僕はその子に何でここにいるのと聞いた
彼女は1年前にどこかへ引っ越しをしたのに
そうするとあの子は願い事をするために来たって
その願い事は僕にもう一度会いたいって
そして願いはかなった二人の願いが
僕たちはその日からまた一緒に遊んだ
流星群を見に行って良かったなって思った

現役中学生です。よろしくお願いします。フォローもよろしくお願いします。 こうしたらいいよとかあったらコメントお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP