微熱のサフラン

投稿日:2014/04/21 01:14:31 | 文字数:607文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

砂糖 ふたつ落としてまぜる
青いターバンの髭
ラクダ並べて座る
とても無口な背中
湯気に かすんで滲む景色
どこかで見た気がして
熱に浮かされながら
まぼろしを彷徨うの

だれ一人もいない
寂しい砂漠の海で ふわり舞って
軽いめまい ゆらめいて
ぬくもりさえ なぜか不意に

サフランティを淹れましょう
ひとかけらのシナモン添えましょう
幼いころに覚えてた
古い心の魔法
目を閉じればうかぶでしょう
遥かなサハラの涼しい夕べ
高貴な色香に誘われ
甘い眠りに落ちる

響く ふたつのベルの音に
何か妙な気配で
戸口と受話器に向け
呪文を唱えかける
声に ならないくらい怖い
蜃気楼のいたずら
長いまつ毛のラクダ
満を持してウインク

あぁ壊れてしまう
はがゆいカゲロウの文字 ひらり飛んで
そっと吐息吸い込んで
暖かさに触れたみたい

懐かしい香りがつつむ
静かに佇む横顔じっと
よく似た人たぐりよせて
重ね合わせた匂い
言葉よりも深い記憶
刻み付けられてる心なぞる
やさしさに満たされてく
いつも感じる傍に

もう忘れたくない
約束交わした言葉 はらり溶けて
いつの間にか消えていた
穏やかさに包み込まれ

サフランティを淹れましょう
ひとかけらのシナモン添えましょう
遥かな旅の行く先で
出会う想いのチカラ

サフランティを淹れましょう
また会いたくなったその時には
吸い込んでく意識の奥
たどりつく あのひとに

活動中です、お気軽にどうぞ。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP