その鏡音レンは、選択する その3(終)

投稿日:2016/09/14 23:06:50 | 文字数:1,983文字 | 閲覧数:31 | カテゴリ:小説

ライセンス:

掌編小説。
シリーズ完結。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



「にしても、よく似てる」

「なにがです?」

「キミと、前にあった鏡音レンに。同一人物ってことはないよね?」

「さっきは全く違うって言ってませんでしたっけ?」

「いや、その推理を聞いてたら、なんとなくね。その鏡音レンも、切れ物だったからさ」

「そうなんですか。でも、俺は会ったことないと思いますよ。詩や曲を見る限り、俺の記憶にはありません」

「ああ。まあ、昔とかなり変わったからね」

「それは仕方ないことですよ。人は変わりますから。書き方も変わります」

「うん。でも、僕は真逆になったんだ。その鏡音レンのおかげでね」

「真逆?」

「僕がその鏡音レンにあったのは中学生のころでさ。いろいろ不安定だったんだ。いろんなことを知り始めて、だけどなにもわからなくて。知ったかぶりしたいけど、なにが大切なことなのか区別できなくて。いつもイライラしてた。書いてる詩も、不平不満をただぶちまけて、解決策もなければ意見もない、そんな詩ばかりだったよ。僕だけがこの矛盾に気がついてるって、本気で信じてた。そんなときあったのが、その鏡音レンだ」

「…………」

「最初に無茶苦茶な奴って言ったよね? それってさ交換条件を突きつけてきたからなんだ。そんとき、僕のノートがなくなって、誰かに盗られたとばかり思って、荒んでた。詩も荒れてさ、とにかく最悪だ最悪だばかり言ってたよ」

「…………」

「それに相当気を悪くしたんだろうね。その鏡音レンがさ『ノートを見つけてやるから、んな暗い詩じゃなくて明るい詩をかけ』って」

「そんなことは言ってない」

「ん?」

「いえ、なんにも」

「そう。キミと似てるって言うのは、そこだよ。その鏡音レンも、僕の話しを聞いただけでノートを見つけてしまった。僕は、明るい詩を書くことになったんだ。それからずっと、明るいものを書いてるけどね」

「暗いものは書かないんですか?」

「たまに書くよ。でも、大半は応援歌だ、そっちのほうが性にあってたってことなのかな。最初に言われてかいたとき、なんとなく救われた気がしたんだ。僕が一番言われたい言葉が画面に並んでて、自分の言葉なんだけど、心に染みた。これが心地よくて、今でも書き続けてる。本当に、これに気づかせてくれた鏡音レンには感謝してるよ」

「…………」

「どうした?」

「いえ。あの、ずっと聞いていなかったんですが、あなたの名前はなんですか?」

「ああ、そういえば、まだ名乗って無かったね。僕の名前は、タマテ タカラって言うんだ」

 青年は、タカラは、やっぱり爽やかに笑った。





「キミは、これからなにか予定はあるかい?」

「予定ですか? いえ、とくにありませんが」

「なら、ちょっと聴いてもらっていいかな。新しい曲を作ったんだ。ありふれた応援歌なんだけど」

 俺は言った。

「それくらいなら、喜んで」


 俺は、タカラのパソコンに寝転ぶ。目を閉じ、流れてくる音楽にしばし耳を傾けた。

 歌っているのは、鏡音レンだった。俺とおなじ声を、タカラなりに調声し、俺とは違う鏡音レンが歌っていた。

「…………」

 俺は普段、歌わない。俺が歌わなくとも、ソフトが勝手に音を出してくれるからだ。俺が歌っても音に感情が乗るわけでもない。なにか変わるわけでもない。なのに、なぜ俺みたいな意思持ちが必死に歌うのか理解できなかった。

 今では、それがわかった。

 こういう気持ちだったんだ。

 感情が乗らなくとも、声を乗せたい。言いたいことが伝わってくるから、なんとか応えたい。

 ボーカロイドができることは、歌うことだけだ。

 だから歌うのだ。

「……きっと、マスターとボーカロイドはこういう関係なんだろうな」

 家族とも、友人とも違う関係。姿も見えないし、いるのかいないのかさえ曖昧。でも、お互いに必要な存在。

 ーーマスターになるといいね。そう言ったのは、KAITOだったか。あのときはそれはないと思っていた。こいつとは馬が合わないと思っていた。

 今は……。


 俺は、いつの間にか、歌っていた。


 鏡音レンの声に合わせて、声を出していた。重なるわけでもない、どっちかに飲み込まれるまでもない。不思議な『鏡音レン』の歌声。

 それを聴きながら、歌いがなら、歌詞の意味を考えながら、タカラの顔を見ながら、俺は考える。

結論を出すのは、その曲が終わるまでで十分だった。

 だが、その提案をタカラに伝えるのは、それを実行に移すのは、タカラの告白が終わってからの話になることだろう。

 それまでは、もう少し、このままで。『ノラ』を楽しむことにする。





――その鏡音レンは、選択する その3――

その鏡音レンは、選択する 了

はじめまして、ねすと と申します。<m(_ _)m>

主に詩を投稿しておりますが、好きなのは小説。
ミステリー、青春のジャンルでつらつらと文字を並べております。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP