Fomalhaut

投稿日:2011/11/06 23:29:20 | 文字数:378文字 | 閲覧数:85 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

藍い空見上げて
今日もまた銀色の願い星探す
茜色の雲が伸びて
また青い空を連れてくる

繰り返す
何度も繰り返す
時はいつも僕を嘲笑う

彷徨う鵲が出会いを許す橋を架ける
届け 白い銀河超えて
煌く三角を三羽の神話達が描く
届け 願い求めるのは今

夢や希望に満ちた
遠い過去にしがみつくのはもう止めた
未来という宇宙には
もはや光など差し込まない

震えても
怖くて震えても
時は今日も僕に鞭を打つ

生命の理が静かに永眠の矢を放つ
届け 頂にめがけて
火星に牙を剥く鼓動が夜の闇に消えた
届け 想い紐解くのは今

秋の夜風に木々の梢が揺れて
南の星達が全ての終焉を告げる
瞬く双魚が揺らす約束された焔で
過去を焦して未来を赤く照らせ

灰色の大地に萎れた夢の残骸が舞う
戻れ 崩れ去った日々よ
歪んだ過ちが冷たい涙の雨になる
戻れ 置き去りの希望よ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/36

もっと見る

▲TOP