歌が好きだから

投稿日:2019/08/21 15:39:47 | 文字数:742文字 | 閲覧数:36 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

歌に救われた日を思い出した
だからこうして今も生きて
歌が好きなまま生きていける

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

どれくらい歌に触れたのだろう
どれくらい歌は生まれたのだろう
全てを聞けるはずはないし全てを知る必要もない
自分が分かればそれだけでいい
歌ってそういうもんでしょう

誰かの声を奏で合って誰かの場面を重ね合って
繰り返していく朝も夜も生きるも死ぬも泣いた時も
どんな時も音に溢れた 音楽はいつもそばにあった

祈っても神は手を掴まないそれでも歌だけは此処に在った
救い出して欲しいと願った時に助けてくれたのはあなたの歌だった

こんなクソみたいな世界の中で生きていく勇気を与えてくれた
倒れた時には優しく包み踏みだす時には背中を押した
霞に消えそうな歌でさえこんな僕に力をくれたんだ

歌を聞くのが好きだった 歌を歌うのも好きだった
歌を知るのが好きだから 全ての歌に愛と感謝


どこかで誰かが歌うだけで割と幸せな気持ちになれる
争う理由なんてどこにもない歌は誰でも聞こえる

心無い言葉が響くなら感情乗せて歌を歌え
踊りだすように胸が鳴るから自分の好きな歌を歌え

こんなクソみたいな世界の中で生きていく理由教えてくれた
言葉も時代もクソくらえだってどんなところでも歌はあった
想いの全てが音に乗るからだからいつまでも忘れないよ

歌を聞くのが好きだった 歌を歌うのも好きだった
歌を知るのが好きだから 全ての歌に愛と感謝


こんなクソみたいな世界の中で忘れてはいけない歌があった
どんなに新しい歌が増えても心に残す歌があんだ
誰かがどこかでまた歌うから僕も好きな歌ばかり歌うんだ
誰かがどこかで歌作るから好きな物ばかり溢れるんだ
こんなクソみたいな世界の中が好きな物ばかり溢れるんだ

歌を聞くのが好きだった 歌を歌うのも好きだった
歌を知るのが好きだから 全ての歌に愛と感謝

頭の中に浮かんだ言葉をただ書いていこう。
応募はするけど、書いた段階で満足しているので結果はあまり気にしない。
自己満足的に活動してますが、
どうぞよろしくお願い致します。
2019/3/10に今更ながらライセンスを付けなかったときに
許諾するユーザーの追加の仕方を知りました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP