虹を編む

投稿日:2018/09/18 09:16:53 | 文字数:276文字 | 閲覧数:77 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

あの時の虹を編めたら君は喜ぶのかな。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君はまだあの虹を編んだ空を覚えてるかな
もう何も望まないなら僕のここには
何も残らないんだろうけど

空蝉が空を泳げるようになるのは
とてもまだ早かったみたいなんだ

唱えられる呪文には限りがあって
呼びかける声の色には青がかかる

深い静かな冷たさを横目に
重い命の温かさを感じれたら

そんな思いさえも信じなかったら
きっとあの場所にはいないだろうな

その笑顔が色褪せないでいて
君と一緒に笑えたのなら
心の隅っこから手を伸ばせる気がして

消えないようにした僕の
紡いだ欠片が心になっていくよ

思い出も白い都市も忘れないように
勿忘草に祈って

作詞をしています。
気ままに投稿しています。
よろしくお願い致します。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP