晴天のヘキレキ

投稿日:2015/06/05 06:39:19 | 文字数:664文字 | 閲覧数:247 | カテゴリ:歌詞 | 全6バージョン

ライセンス:

女心と秋の空(楽曲は夏、ですが)といいますが、女性は実に感情が変化しやすいものです。それは、何かバッドな出来事が起こったときはもちろんですが、そうでなく普段でも、それこそそれなりに関係をつづけている間柄のなかでも。一見元気そうで順調そうでも、関係が成り立つからこそいえないさまざまな不安などを内包しているのは、皆同じなのかもしれません。男側にしてみれば、さっきまで元気にしていた人が時折みせる突然の不安な表情は、晴天のヘキレキとも言うべき、不可解で、難しい心理ということもありそうです。

楽曲に応募している歌詞。
食いや改変などありましたら、お気軽にご一報ください。
http://piapro.jp/t/Y2PA

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

俯いた 君の顔にキラリ
強さに隠れた 弱いトコロ
不安定な 夏の午後に光り
雲のない 空へ消えてく

近いけど 近づけない時に
かけるコトバがあればいいのに
そよ風が 少し髪をさらい
憂いはサーッと散ってく

窓をたたく夕立の せつない予感が
ゆっくりと フタリをのみこんで ゆく
感情のない作業で 洗い流して
わだかまりを きれいに取り去ってほしい

小さな手 震えていた
ポケットに押し込んで
崩れないように
崩さないように
ボクノコトバ 部屋に広がってく

つたなくて 形ないフレーズ
硬いココロに 少し響いて
辛いときに その辛いキモチを
預けて 楽になれたら
    
スカイブルーの 雨があがった空
だけど落ちる 小さなしずくを
見逃して こぼれ落ちないように
勇気を出し 手を伸ばす

もしその視線の意味が 偽りなら
そっとボクに わかるように笑って
でも今考える予感 正しいのなら
ひとつボクの コトバにうなずいてほしい

君にしか わからなくて
でも君に わかればいい
ボクも弱いトコロがあるから
キミノキモチ 感じ取れるはず


どんな些細なことも
笑っちゃうようなことも
ちょっとシリアスなことも
これからのできごとも

ぜんぶぜんぶ包むから
少しでもボクに分けて
突然の不安がよぎる
晴天のヘキレキ


疲れて 座るキミの横に
間をあけて座っているだけで
感情が 痛いほど伝わる
だから そばを動けない

俯いた 君の顔にキラリ
強さに隠れた 弱いトコロ
突然の 雨の後にフワリ
やさしい 日差しが照らす

楽器を弾いていた経験から、歌いやすい曲作りを心がけています。

E-Mail: k.mitejin@gmail.com
Skype : k.mitejin
Selfwork Mylist:mylist/34758789
Participating work Mylist:mylist/34758810

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP