なきむしひーろー

投稿日:2020/03/28 05:26:09 | 文字数:993文字 | 閲覧数:30 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

かな版

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

なきむしひーろー

すべてがさわぎだしたとき、だれがたちどまってきくんだ?
だれがいっぽたちどまってかんがえる?
こわれたちくおんきみたいに
だれかのかんがえをくりかえして。
じぶんのきもちをじぶんにきかず、
だれかをたよりに。なにかのせいにして。
つづいてくあすをひとまかせにして、ひとまねして。
そうぞうせず、こうそうせず、かおいろうかがって。
ただしさなんてもとめあって、けんおしあって。
だれでいたい?だれなんだ?あんたじゃないのか?
あんたのことなんてあんたにしかわからない。
そのくるしみも、いたみも、かたくなさも、
れきしも、さびしさも、つよさすら。
なにひとつべつのだれかじゃなく、
ぜんぶあんたをかたるせっとくりょく。
はじんな。くらべんな。さげすむな。
だれにもかたることのできない、あんたのれきしだろ。

せかいがゆがんでるって、しかいがゆがんでるかとだってある。
れきしのだーかーがれきしのひーろーになるゆきどけのひもちかく。

すべてがうそだってとき、だれがしかってたてなおしてやるんだ?
だれがなげきをだげきする?
こわれたレコードみたいに、おなじばしょでおとがとんで。
さけてとおって、かえりみず。
だれのけいけん?だれがため?
つづいてくけいけんにうそをかさね、じぶんをかくし。
ひょうげんせず、しょうさんせず、うばいあって。
かちまけいったって、なにものこらず。
なにでいたい?なんなんだ?なにものになりたいんだ?
ゆめをおいかけるたましい、いつわりなんてむり。
そのくるしみも、いたみも、かたくなさも、
れきしも、さびしさも、つよさすら。
なにひとつべつのだれかじゃなく、
ぜんぶあんたをかたるせっとくりょく。
はじんな。くらべんな。さげすむな。
だれにもかたることのできない、あんたのれきしだろ。

だれかのためにいきたいなら、ほしょうもとめんな。
ぐちってたきのうをうけとめるひーろーはこどもでじょうとう。

そのくるしみも、いたみも、かたくなさも、
れきしも、さびしさも、つよさすら。
なにひとつべつのだれかじゃなく、
ぜんぶあんたをかたるせっとくりょく。
はじんな。くらべんな。さげすむな。
だれにもかたることのできない、あんたのれきしだろ。

だれにもはかれない、あんたがきめるれきしだ。
あんたはきのうまでのおれ。まなこはらしたひーろー。

作詞始めました。
曲の作り手になっていきたい。

一応、創作物なので、現実性を余り求めず、ご覧下さい。

分かって貰える人に受け取って貰えたらいいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP