【小説】wor L d's end 05

投稿日:2010/02/28 17:11:39 | 文字数:2,552文字 | 閲覧数:194 | カテゴリ:小説

ライセンス:

リンが一言もしゃべらなかったorz

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 杖を地に突き立て、前もって村の周辺に描いておいた陣を浮かび上がらせる。

 魔法とは、呪文と陣、すなわち言葉と図形を組み合わせて起こす奇跡のことである。
 そう言うと難しそうに聞こえるが、なんていうことはない、ただ単に「自分が考えていることを言葉と図形で表現して、それを相手の思考に刻みつけてしまう」ということだ。
 つまり、思考を持つ生き物同士のコミュニケーションに、強制力を持たせたもの。
 言葉は時に刃になるし、絵も同様だが、それだけでは毎回成功するというわけではない。だから、魔法という確立された形式が存在する。

 浮かび上がった陣の一部を変更して、村の周辺全体に適用する。
 それは村を守るためでもあるし、自分たちを守るためでもある。
 正確に言えば、「村と自分たちをひとつの結界の中に入れてしまうことで、村を守りつつ村からの応援を要請した」というわけだ。
 僕ひとりでは、とてもではないが、魔物を倒すことは出来ない。

 範囲の広さに頭がくらくらしてきたが、少女にそれを悟られるわけにはいかないから、無理やり足に力を込めた。

 少女には体力もあるし、きっと腕を磨けばいい剣士になるだろう。しかし、得物がなければどうしようもない。
 僕ひとりで、どうにか時間を稼がなければ。

 上がった息の中で、途切れ途切れに呪文を詠唱し、魔物の行動範囲を狭めていく。魔物そのものに結界を適用してしまえれば、村全体を囲んだりしなくて済む。
 しかし、暴れる魔物を完全に囲うには、僕に残された魔力は少なすぎた。
 形成しかけた陣がはじけ飛び、光と血が舞う。腕をかすめた熱が、次の瞬間痛みに変わった。

「くっ……」

 攻撃魔法の呪文が、頭に浮かんでは消えていく。
 下手に暴れさせれば、結界を壊されてしまう可能性もある。痛みと疲れで、思考がまとまらなかった。

 もっと早く帰ればよかった。最初から分かっていたことを、いまさらのように考える。
 何も言わなかった少女のせいではない、自分がちゃんとしていればこんなことにはならなかった。でも、どうか、届いてくれ。

 結界の陣に杖を突き立て、祈りにも似た呪文を唱える。僕のいる場所を中心に、結界が光る。SOS信号のように。

 少女の様子を気にする余裕もなかった。
 ただ、すぐそばにいるのだけを感じた。
 何故だろう、どうしても、その少女だけは守らなければいけないと思った。

 どれくらいの時間が経ったのか、長くて短い攻防の後に、ふと誰かの温もりを感じた。混乱し、一拍置いて、倒れた自分が誰かに抱きとめられたのだと知る。
 顔をあげると、ミク姉がいた。
 戦いには向いていない彼女が、どうして。
 不思議に思いながら、朦朧とした意識の中で周りを見回す。少し離れた場所に、メイコ姉とカイト兄、他にも数人の見慣れた剣士たちの顔があった。

「レン君、大丈夫?」

 僕の腕に布を巻きつけて止血しながら、ミク姉が優しい声で訊いてくる。
 心配しているのだと分かる声。僕が勝手に街に行って、勝手にこんな時間に帰ってきただけなのに。

「まったく、女の子連れて、こんな時間にうろついてんじゃないわよ!」

 怒ったような声でメイコ姉が言う。それでもその瞳は優しくて、僕は泣きそうになった。
 でも、安心したのはほんの短い時間。次の瞬間、結界に衝撃が走り、それは陣を通して僕の身体の中で弾けた。

「うあ……っ!」

 声にならないほどの激痛に、僕はミク姉の腕の中で悶える。
 魔法は、強制力を持ったコミュニケーション手段だ。だから、魔法に対する衝撃は、術師へ強制力を持って跳ね返る。

「レン君!」

 ミク姉の声ががんがんと頭に響く。手放しそうになる意識を死に物狂いで掴み、杖へ手を伸ばした。
 元は僕のミスなのだから、助けが来たからといって休むわけにはいかない。

 ミク姉の手をほどいて立ち上がろうとしたが、足に力が入らずに座り込む。仕方なくそのままの姿勢で、先ほど衝撃を受けた結界の陣を描き直した。
 さらに、もうひとつ結界をつくり、魔物を囲む。剣士たちが魔物と戦うには、魔物の動きを止める必要がある。

 陣を描いていた手が滑りそうになった。焦点が定まらず、陣がゆがむ。それをカバーするための呪文も、うまく舌がまわらなくなって崩壊した。それでも何とか、結界を形にする。

 そこからは早かった。剣士たちが一気に飛びかかり、ものの数分で魔物は倒れた。
 そして、それと同時に、僕も意識を手放した。

-----

「はい」

 そう言って、ルカ姉が僕に宝石を押し付ける。ルカ姉はこの村の若き長だ。

「これは、昨日の……?」

 魔物は、倒されると光と宝石に変わる。その宝石を身に着けていれば、魔力や体力が向上すると言われている。僕はすでにそれを十個以上持っている。

「私は行けなかったけれど、話を聞く限りでは貴方の功績だからね。他の人たちも皆、貴方にあげろって言っていたし」

 だから、とルカ姉は宝石を差し出してくれるけれど、僕は受け取らない。受け取れない。昨日のことは、功績というより、むしろ大失態ではないか。

「……僕は、確かに魔物を倒すのに一番貢献したかもしれませんけれど、魔物を呼び寄せたのも僕です」

「それは分からないわ。あの距離だったら、遅かれ早かれ、あの魔物はこの村を襲っていたでしょう」

「だとしても、もらえません」

 だったら、とルカ姉は溜息をつく。

「あの子にあげれば? 貴方の判断なら、皆も納得するでしょう」

 あの子。一拍置いて、あの少女のことだと気付く。
 そういえば、あの少女はどこにいるのだろう。僕は気がつけば自分の部屋のベッドの上で、横にはルカ姉がいた。あの少女は、どこにいるのだろう。

 僕の考えていることが分かったのか、ルカ姉はもう一度溜息をついた。

「あの子は今、ミクのところにいるわ。メイコやカイトと一緒に」

 ルカ姉の表情は暗い。

「怪我でもしたんですか?」

 昨日、少女がどうなったのか、僕は知らない。
 ルカ姉は首を振った。

「怪我はしていないわ。少なくとも見た目には……ね」

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP