晩歌

投稿日:2019/03/16 22:07:26 | 文字数:252文字 | 閲覧数:6 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

肌を撫でる優しさが
夏の終わりを告る
少し肌寒くて 寂しくて
わたし以外 誰もいないみたい
空もワイン色に染まり
もう少しで夜がくる

夏の終わりが来て
また季節を繰り返す
ひぐらしの鳴き声が 涙を誘う
ねぇ、いくつもの思い出
この季節に作ったもの
夕闇に溶けてなくなりそうだ

麗らかな風が頬を撫ぜる
変わった季節が動いてく
言葉を次にのせて

夏の終わりが来て
また季節を繰り返す
ひぐらしの鳴き声が 涙を誘う
ねぇ、過去になった思い出
この季節に残したもの
夕闇に解けても覚えていよう ずっと

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP