Some First Loves 23

投稿日:2012/01/08 00:17:13 | 文字数:1,750文字 | 閲覧数:343 | カテゴリ:小説

ライセンス:

こんばんは、リオンです。
無断欠勤すみません。忙しかったんです。
不思議ちゃんって傍から見てるだけならすごくほほえましいのに、
実際にかかわるとすごく理解しがたいです。
私のクラスの女子の半分くらいが不思議ちゃんなんですがどういうことなの。
誰か不思議ちゃんとの付き合い方を教えてください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 夕飯を終えると、グミは席を立って、携帯電話を開いた。
 電話ではなくメールをしているようで、しばらくたって携帯電話を閉じると、グミは少しそわそわしながらソファに座った。
 レンは気にしていない様子で食器を食器洗い機にキレイに並べ、慣れた手つきで操作した。
 しばらくして、携帯電話が鳴って、グミはすばやく届いたばかりのメールに目を通した。そして、少し不満げに眉を顰めた。

 同じ頃、リンも携帯を弄って、メールをしていた。
「何のメールだ?」
 後ろからリントが覗き込もうとすると、リンはそれを察知して、携帯の画面をリントに見えないように隠した。
「覘きで110番するよ!?」
「やめろ!!」
 リントはさっと後ろにひいた。両手を胸の辺りまで上げて、自分は無関係であることを示した。
 そんなリントの様子を見ながら、リンは、数日前にやっていたテレビの、痴漢の疑いをかけられた人を思い出していた。
「リント君痴漢疑惑…っと」
「今聞き捨てならん言葉が聞こえた」

 流石に食器洗いまでさせられない、と、グミヤは渋るレンカにソファとクッションを勧め、キッチンに立っていた。
「グミヤ君、やっぱり私…」
「いいって。これ以上やらせたら、後で俺が怒られるし。テレビ見ててもいいから…」
「そう? なんか落ち着かないなぁ、こういうの…」
 そういったレンカの携帯が、突然なった。レンカはいつに無く素早く、普段の彼女からは想像もできないような反応で、携帯をとり、開いた。
 その様子を見たグミヤは思わず手を止めていた。
 対して、レンカは少し不安そうに携帯の画面に目を走らせ、最後にぐっと怪訝そうな顔をして、操作を始めた。流石にメールの早打ちには慣れていないらしい、もたもたしながら、一生懸命に文を打ち込み終わると、まるで祈りでもこめるように思い切って、送信ボタンを押した。
 レンカっていつも、こんな風にメールしてるんだろうか。ふと、グミヤはそんなことを思ったのだった。

 そうして、それぞれの夜が更けていった。

 次の日の昼休み、屋上に六人が集合するなり、女子達が集まって、男子達と距離を置いた。
「グミヤ、おまえんとこ大変だな。一日預かってよくわかった」
「レンカが家事やりたがって、おさえるの大変だった。リント、お前たまには手伝えよ?」
「俺は別に困らなかったな。料理はリンが出来て驚いたけど」
「うわ、何その境遇の差。結局一番面倒だったの俺じゃん」

「リント君は痴漢なんかしないよぅ」
「覘いたんでしょ?」
「携帯を、だけどね」
 女子達は、夜のうちに近況報告として送りあっていたメールの内容から、なにやら談義に入ったようだった。
 まずはリントとリンのペアのことかららしい。
「リント君料理できないの? 豚の餌ならってどういうことよ」
「うーん、確かにリント君お料理はあんまり得意じゃないような…」
「それくらいならあたしだって作れるよー」
「豚のえさ?」
 そうだよー、とグミが言うと、リンが豪快に笑った。
 レンカは静かに、寧ろ作るの難しいと思うの、と言ったが、リンは笑うばかりで、答えなかった。
「ミヤはどうだった?」
「あ、グミヤ君はとっても優しかったよ」
「メールの文面を見る限り、割合まともな反応してたんじゃない」
「あたしのときより優しいような気がするんだけど」
「結局私、晩御飯作るのしかしなかったし…」
「いや、しなくていいと思うよ。お客さんなんだからさ」
 リンとグミが突っ込みを入れたが、レンカはどうやら素で、家事をこなさなければならないという、強迫観念に似たものを持っているようだった。尚も困ったように眉を顰めている。
「レンは?」
「レン君はねー、ダメ」
「ダメっ?」
「ビーフストロガノフ作れなかった」
「あー、あの番組。普通作れないと思うなぁ」
「じゃあレンカちんもつくれないの?」
「一応、作れはするけど…」
「作れるんだ…」
 どうやら三人の中ではリンが突っ込み役を担っているらしい、先ほどから二人の妙にずれた所を、しっかりと指摘していく。
 とりあえず昨日のことを報告、審議し終えると、三人はぐっと顔を近づけて、頷きあった。
 ここからが『第二段階』だ。

リオンといいます。よろしくお願いします!
気が合いそうだな、とか思う優しい方はどうぞメッセージでもなんでも!!
一応プロフィールを↓
[性別]
女。
でも中身はだいぶ男が混ざっていると思う。

[年齢]
第一志望校合格しました!
一番近くの高校にいけます…。よかった。
でも結局中学校三年間ほぼ勉強しなかったな…。

[性格]
男勝りですが、こういうところでは結構きちんとした言葉使いだと思います。
好きなことはイラストを描くことで、投稿しようとしたんですが…。サイズとかなんだとかで訳が分からず断念…。
異性とも同姓とも仲良く出来ます!!
たまにお母さん的発言が出たり、吸血鬼みたいなことを言い出します。
「やめなさい!!」とか、「血、なめたい」みたいな。

[好きなボカロ]
全体的に好きですけど、特にすきなのはルカ・リン・レンです。

[UTAU]
最近、パソコンで使えるようにしました!!
大量にDLし、親に呆れられました…。

[その他]
最近、友人がボカロを聞いているうちにロボ声になったという話を聞いて、少しうらやましいと思ってしまったり、「瞳を閉じて」の前奏で「リナリア」を思い浮かべてしまう、末期症状患者です。
小説には誤字脱字が多く、リンレン小説ばかり書いています。
たまには別のキャラが主人公のも書いてみたいと思いつつ、ネタ切れ気味です。

ルカ、リン、レンは俺の嫁…ていうか、むしろその三人は俺でいいよ。もう。

最近の出来事。
○気付いたことですが、死別ネタがおおいですなぁ。
○声を作って歌ったら、ボカロっぽい声だな、って友達に言われたよ!やったね!!
○晴れて投稿四百個突破です!ありがとうございます!
 しばらくは何度か間が空くこともあると思います。ご了承ください。
○ブログと言う名の妄想のはけ口作りました↓
         http://sky.ap.teacup.com/kamuzo/
○月・水・金曜日は塾があるので、不定期に投稿を休むことがあります。すみません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP