夜明けと蛍

投稿日:2014/11/11 20:03:49 | 文字数:430文字 | 閲覧数:18,656 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

淡い月に見とれてしまうから
暗い足元も見えずに

転んだことに気がつけないまま
遠い夜の星が滲む


したいことが見つけられないから
急いだ振り 俯くまま

転んだ後に笑われてるのも
気づかない振りをするのだ


形のない歌で朝を描いたまま
浅い浅い夏の向こうに

冷たくない君の手のひらが見えた
淡い空 明けの蛍


自分がただの染みに見えるほど
嫌いなものが増えたので

地球の裏側へ飛びたいのだ
無人の駅に届くまで

昨日の僕に出会うまで


胸が痛いから下を向くたびに
君がまた遠くを征くんだ

夢を見たい僕らを汚せ
さらば 昨日夜に咲く火の花


水に映る花を見ていた
水に霞む月を見ていたから


夏が来ないままの空を描いたなら
君は僕を笑うだろうか

明け方の夢 浮かぶ月が見えた空


朝が来ないままで息が出来たなら
遠い遠い夏の向こうへ

冷たくない君の手のひらが見えた
淡い朝焼けの夜空


夏がこないままの街を今
あぁ 藍の色 夜明けと蛍

ナブナです。曲作ってます。ニコニコ動画に投稿した分はこちらです→http://www.nicovideo.jp/mylist/30722660

 twitter→@nabuna2 

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りします。

    2018/06/30 14:46:27 From  しらす

  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りしました。

    2018/01/11 08:17:57 From  海近羽美

  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りしました

    2016/08/26 22:39:07 From  sume_red

もっと見る

▲TOP