白王子Pさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

フォローする(登録無料)

南中コメット

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あわく広がる雲に
重ねたやさしさで
曖昧にといたままの
僕がうまくなじまなくて


うずめた寂しさをならべて
指さしてえがく 「ねぇ 今、」


あふれ出した声をどこまでも散りばめて
真昼の空 君には見えないけれど
消えて行った星の名前も知らないで
となりで眠っていたぬくもりと


あせたさかさまの虹に
うかべた切なさで
濁らせたおもい こころ
どうしてかな 流せなくて


「うすめたい」 こぼした涙を
なんでもないようになぞる まだ


あふれ出した声をどこまでもにじませて
真昼の空 僕にも見えないけれど
はなれていく星の名前も知らないで
となりで眠っていたぬくもりと


混ざっていく夢の音を忘れられたなら


「あいたいよ」 かすかなわがまま溶けていく
真昼の空 君には見えないけれど


まわるまわる声 いつまでも響かせて
わからなくてかざした手がうれしくて
消えて行った僕の名前も知らないで
まどろみの中 君にぬくもりを

uzPの曲に歌詞を書かせて頂きました。

ライセンス:

投稿日時:2010/04/29 15:10:29

閲覧数:109

カテゴリ:歌詞[編集]

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
    ブクマ
    • 【歌ってみた】 南中コメット 【mikoto】

      by みことさん

    • 南中コメットおけ

      by ゆうじ-uzさん

    ▲TOP