ワールドエンドブックエンド

投稿日:2017/01/28 19:27:19 | 文字数:954文字 | 閲覧数:1,365 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ワールドエンドブックエンドの歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

煤煙燻る夜汽車につゆ揺られて、辿り着いたは無人境
憂き身に独り沈む私をもっと寂しがらせよ閑古鳥

繙(ひもと)き、読み解きまた繰(く)る頁(ぺーじ)
切れ切れ幾片(いくひら)の言葉が舞う
ひた集め知らぬ間に崖の縁
探しものに終ぞ出会わぬまま

草臥(くたび)れ折れる赤茶けた羊皮紙が押し拉ぎあう書架の森
おどろに乱れ絡みつく憂鬱を洗い流せよそぞろ雨

目眩く捲られ巡る頁
散り散り幾葉(いくよう)の紙片が降る
追いかけていつしか道なき道
ここからはさ自分で選びなよ

ワールドエンド&ブックエンド
ダイブ!世界の縁から飛び降りて
それだけ並べ立てたのなら
助走は十分でしょ?

まだ見ぬ未来を簡単に
綺麗な言葉に変えちゃってさ
騙されることもできない私は
ほんと……どうすればいい?

草陰青む懐かしい匂いすら今は洋墨(いんく)の香に消えて
あの日の記憶を忘れゆく私の心知らずや造り花

解けては結ぼれる赤い糸
末枯(すが)れてはまた芽吹く夢の木々
ぞんざいに閉架の書庫に仕舞い
悪し様にえへらえへら嗤うの?


冬の短日(みじかび)が夕映え連れたら
あの象牙の塔へ行こう
絶えず寄る辺なく吐き出せぬ願いを
叶えてくれよ箒星

この広い世界を見渡したら
自分の小ささに気づいたんだ?
何かと比べることをしないと
何も測ることができないのかい?

ワールドエンド&バッドエンド
ダイブ!世界の縁に足をかけて
それだけ高く積んだのなら
さぞや気持ちいいでしょ?

まだ見ぬ理想を追いかけて
追いつき、追い抜きいつからか
理想に追われる毎日で
ほんと救えないよな


明日が来るという当たり前がなければ栞も意味ないのでしょう
続きを読む日は訪れないと知っていながらも栞を挟んだ


希(こいねが)い願いまた繰る頁
堆(うずたか)く高く洋紙が積もる
頽(くずお)れて折れては立たぬ心
探しものに終ぞ出会わぬまま

何かを違えた私たちは悲しまずにはいられないけど
慰めのハッピーエンドなら惨めになるだけだ


ワールドエンド&ブックエンド
ダイブ!世界の縁から飛び降りて
それだけ並べ立てたのなら
助走は十分でしょ?

垂直落下の逃避行
鳥になんてなりたくはないな
私は私のままでこの
空を飛びたいだけ

オリジナル曲作ってます。

ブログ 

http://ameblo.jp/a-march-hare

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP