またあの桜の下で

投稿日:2010/04/07 23:38:48 | 文字数:879文字 | 閲覧数:116 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

歌詞をつけさせていただきました。
素敵なさくらコメ様の楽曲↓
http://piapro.jp/content/fxeog1rc0mbll5fj

「またあの桜の下で いつか会おうね」

すごく大切な人が死んでしまった。
だけど、それを信じられなくて、
だから、涙が出てこなくて。
大切な人のいない現実を、
受け入れるまでの女の子の物語。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君はどこにいるのだろう?
私は ひとり ここで待ってる
零れ落ちていく ひとしずくの
花びらが 手のひらに舞い降りた

君といればそれだけで すごく幸せでした
私は君に 何かしてあげることは出来たのかな?

会いたくて 君にただ 会いたくて
愛おしくて ただ切なくて
私 「何処にもいない」なんて
答えは信じないから
お願い 目を覚ましてよ


桜 ひらり 風に揺れて
君と出会った日と同じだね
零れ落ちていく ひとしずくの
花びらが 私のかわりに泣いた

君の優しい声も 君の笑った顔も
温かい手のぬくもりも どうして? 思い出せない

会いたいよ 君にただ 会いたいよ
「こんな気持ちを知るのならば
 君を好きになんてならなきゃよかった」
なんて叫びを 桜だけが聞いていた


ひとひらの花びらが舞い降りて 
きっと 真実(ほんとう)を知るのだろう
冷たい君と最後のキスを
絶対忘れないから
「またあの桜の下で」


===================

きみはどこにいるのだろう
わたしは ひとり ここでまってる
こぼれおちていく ひとしずくの
はなびらが てのひらにまいおりた

きみといればそれだけで すごくしあわせでした
わたしはきみに なにかしてあげることはできたのかな

あいたくて きみにただ あいたくて
いとおしくて ただせつなくて
わたし どこにもいないなんて
こたえはしんじないから
おねがい めをさましてよ

さくら ひらり かぜにゆれて
きみとであったひとおなじだね
こぼれておちていく ひとしずくの
はなびらがわたしのかわりにないた

きみのやさしいこえも きみのわらったかおも
あたたかいてのぬくもりも どうして おもいだせない

あいたいよ きみにただ あいたいよ
こんなきもちをしるのならば
きみをすきになんてならなきゃ
よかったなんてさけびを
さくらだけがきいていた


ひとひらのはなびらがまいおりて
きっと ほんとうをしるのだろう
つめたいきみとさいごのキスを
ぜったいわすれないから
またあのさくらのしたで

柚李です。レン君大好きですっ!!
国語の成績が一番悪いし、音楽はピアノでねこふんじゃったが弾けるくらいですが、テキストやら音楽やらで活動してます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP