天国のソファ_歌詞

投稿日:2019/03/21 02:39:06 | 文字数:525文字 | 閲覧数:23 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

天国のソファ

思い返してみた 僕の今が在る事は
同じ夢描いた彼のおかげ
例えばそう 僕の周りにいる仲間と
出会えたのは彼がいたからで
夜通し語り合って深めてきた友情は
高価な宝石より価値があるさ
思い出話しには するにはまだ早いから
僕は俯かずに前を向くよ

天国のドアを開いて
雲の切れ間に沿って
街の灯を眺めながら
大好きなメロディ
ハナウタ混じり口ずさむよ

檸檬色のガム噛んで
よく冷えたサイダー飲んで
天国のソファに座って
ゆっくりと休んでいて
またいつか会おう

月の明かりさえも遮られた夜の海
テトラポットの上波の音が
寄せては返す程 心の中刻まれた
思い出振り返る彼の声が

虹色のバスに乗って
空の隙間に沿って
星の海泳ぎながら
大切なメロディ
心を込めて歌にするよ

ステレオの音が鳴って
魂は音符に為って
天国のソファに揺られて
ゆっくりと奏でていて
歌うたいの音を

天国のドアを開いて
雲の切れ間に沿って
街の灯を眺めながら
大好きなメロディ
鼻歌混じり口ずさむよ

檸檬色のガム噛んで
よく冷えたサイダー飲んで
天国のソファに座って
ゆっくりと休んでいて
またいつか会える日まで

夢見てたステージの上
いつの日か立とう

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP