ほほほさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

フォローする(登録無料)

誰かの願い

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

叶えたい夢もなく 流され続け
それで生きてこられた 悪いのはあたし

あたしが 見てきた四半世紀も
あなたの崇高な悩みも
いつか溶け消えるのでしょう 嗚呼

誰かの願いの 死骸と共に
あたしは川を流れてく 疎外されることも
ないのに あたしたちは目を伏せる 何も見なくていい
ように


ふたりの出会いはなにも
生まなかったけど
お互いどこかで もがいてるの知ってた

底のないコップを満たそうと
足掻きつづけるあなたみて
「ふたり」の孤独を知った 嗚呼

なぜあたしたちはこんなにも脆く
造られしまったのか
逆らわなければ
流されてればいいのになぜ 
こんなにも呼吸が 苦
しいの


あなたはあなたの やりかたで
川を渡ろうとしてた


本当は裸足で飛び出し
流れに 逆らって
抱きしめにいけたのなら
せめてこの白い手を
とって

無力 嘆き 身を投げる
なら あたしが全部
拾いあげ 赤子のように
大切に抱きしめるよ

嗚呼


--平仮名バージョン--

かなえたいゆめもなく
ながされつづけ
それでいきてこられた
わるいのは あたし

あたしが みてきたしはんせいきも
あなたのすうこうななやみも
いつかとけきえるのでしょう ああ

だれかのねがいの しがいとともに
あたしはかわをながれてく そがいされることも
ないのに あたしたちはめをふせる なにもみなくていい 
ように


ふたりのであいはなにも
うまなかったけど
おたがいどこかでもがいているのしってた

そこのないコップをみたそうと
あがきつづけるあなたみて
「ふたり」のこどくをしった ああ

なぜわたしたちはこんなにももろく
つくられしまったのか
さからわなければ
ながされてればいいのになぜ 
こんなにもこきゅうが くる
しいの


あなたはあなたの
やりかたで
かわを
わたろうと
してた


ほんとははだしでとびだし
ながれに さからって
だきしめにいけたのなら
せめてこのしろいてを
とって

むりょくなげき みをなげる
なら わたしがぜんぶ
ひろいあげ あかごのように
たいせつにだきしめるよ

ああ

過去の自分に○ねといいたい

ライセンス:

投稿日時:2017/08/29 17:41:58

閲覧数:41

カテゴリ:歌詞[編集]

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
    ブクマ
    この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
      関連する作品をつなげよう
        ▲TOP