【VY1V4】アンダンテの追憶【歌詞】

投稿日:2019/05/01 19:02:03 | 文字数:475文字 | 閲覧数:65 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

失ったつもりなどない
幼い日の大事なもの
気がつけばどこかに落としていた
バス停から家まで歩く時間も
気がつけば半分くらいになってた

思い出を掬う手に
何かを忘れた気がしていた
あの頃の一滴
確かに全ては息をしてた

空を見下ろし海を見上げようなんて
いつから僕らはこんなわがままになったんだ
誰かがくれた「当たり前」にしがみついて
このまま僕らは進んでいけるのかな


もたらされたいくつかの自由が
あの夜を変えていったらしいな
パッと光った星たちはまるで急ぐ様に
地平線の彼方に回って落ちた

思い出に刻まれた
何かを忘れてしまいたくて
もう一度考える
今僕にできるただ1つを

時に争い醜く僻み合ったって
いつかは僕らが胸を張れる日が来るさ
だけどその日が明日か100年先か
知らない僕らはただ歩くしかないから


思い出を掬う手は
何かを忘れたわけじゃなかった
これまでもこれからも
確かに僕らは息をしてる

空を見下ろし海を見上げる日が来ても
大事なことは何も変わってなかった
あの日重ねた過去と今と未来は
ただ僕らをそっと見守ってたんだ

ボカロPやってます(о´∀`о)
ご用の方はメッセージかtwiiterのDMまでお願い致します。
ニコニコ動画に楽曲投稿しているので、絵師様・動画師様を募集しています。
◆twitter...https://twitter.com/AN_vocaloP

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【VY1V4】アンダンテの追憶【オリジナル】

    by ANGLさん

オススメ作品10/17

もっと見る

▲TOP