可能世界論

投稿日:2014/03/26 21:08:26 | 文字数:521文字 | 閲覧数:690 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

可能世界論


遠く 遠く 記憶の奥に沈めた
思い出を 掬い上げる

拙い 会話 慣れない姿に頬を染め
賑わう方へ ゆっくりと歩くんだ


終わる夕暮れ 空を見上げ 近づく影
ほら ほら 手が触れ合って 気づけば 
不器用に握った


高く空に 打ち上がり 咲いた
一瞬だけ キミを照らして 消えるんだ

嬉しそうにはしゃぐ横顔に
見惚れ焼きつく 記憶をぎゅっと
いつまでも 強く 強く この手握っていて




ひとつ ひとつ 描かれた歴史の欠片を
記憶へ沈め 抱きしめて 眠った


通り雨を 追いかけるように キミが現れ 
傘に入れてあげるよ 微笑み 頬を伝う雨


すべて世界がスローに写る程
キミの言葉は 私への愛で満ちていて

抗う隙さえ与える間もなく
触れる息は 心もとなく 弱って
薄く 薄く キミが消えていく


キミが消えていく 
流れる雨
止めどなく溢れ



土砂降りの雨はキミを通りぬけ
遠くの空は 嘘みたいに晴れていく


この世界がすべて書き換わり
キミの存在 記憶 すべて 消し去っても

消せない 消せない はしゃぐ笑顔
消せはしない キミを想っている



music & lyrics : Akagami

(プロフィールはありません)

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りしました

    2016/10/09 22:16:06 From  sume_red

もっと見る

▲TOP