流星、雲を切り裂いて

投稿日:2019/10/01 23:37:55 | 文字数:494文字 | 閲覧数:93 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

デコシャビさんの歌に宛てて歌詞を書かせていただきました。

https://piapro.jp/t/cbfv

暗い中で綺麗なものが光っているような印象を受け
最初は亀、船ときてこんな感じになりました。

三番からは人工衛星の視点。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

虚空を見上げて 宙(そら)に祈る この旅路
曲がったオールで オンボロ船を押しながら
進もう 進もう 星だけが頼り
未来を 明日を 求め さあ漕ぎ出せ

灰色の雲 遠く どこまでも続く
先の分からない不安と ひたすらの孤独を
オールでかき混ぜながら 闇を渡る

長い夜明けを告げたのは 眩しい 月明かりと
無限の宇宙(そら)に咲いた 星の花



かつての繁栄 高いビルは 海の底
深く へし折れた 塔の頭が顔を出し

探して 探して また誰もいない
うつむき 落ち込み 空は濁りだして

曇天 雨 混じり 天を仰ぎ見る
目指した場所は無かったよ
目指す場所も無いよ
佇む僕の上を 流れ星が

分厚い雲を切り裂いて 海へと落ちていった
その場所に思わず 手を伸ばした



虚空の狭間で 宇宙(そら)を巡る この旅路
懐かしき故郷 瞳に映る 青い星

落ちてく 落ちてく 吸い込まれていく
動けず 動かず 雲を突き破った

広がる 青い 海 陸はどこにもなく
深い深い海の中へ 飛び込み沈んでく
青く暗い闇を見つめながら

不意に君の手に掴まれ
引き上げられ見た空は
眩しくて少し涙が出た

歌詞を作ります
まだ途半ば

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【重音テト】流星、雲を切り裂いて

    by デコシャビさん

▲TOP