カフスラグド 歌詞

投稿日:2020/01/30 18:04:53 | 文字数:593文字 | 閲覧数:180 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

こんな結滞みたいな怠惰で舟を漕いで生きている
そんじょそこらに浮かぶ肥大した日々を喰らっていく
毎時 声に出して唯一の物語を紡いでいる
本当も嘘も全部同じだろ 痕を作っていく

今は地続きの走馬燈
夢を語るにはちょっとしんどいぜ
疑うなら歩いてみろよ
案内は付かないが

泣き出しそうだ
なあなあ 肺に錠
夜になって 唸って 意味も無いさ
フラフラになって足掻いてまで何を示していたいの?
なあなあ 肺に錠
ほら 嫌って 笑って お前の所為にしたいや
有象無象でさえ息を止めはしないのに

丁度0になるように 壊れた心を護っている
敷いたレールの上で誰もが声を失くしていく
そんな些細な予定調和に揺られながら生きている
酸いも甘いも噛み分けご機嫌な身分を晒していく

今日も「普通」を探す旅に出る
この世で一番無駄だって気付いてるんだ
でも「特別」にはなれないからいいだろ
賢明だな

さあさあ 第二章
夜に舞って 唄って 忘れようか
フラフラになって泣いてまで何を守っていたいの?
さあさあ 要らん事情
ほら 満たして 慕って 独りぼっちにしないで
くすんだ灰のような朝を沈めてくれ

なあなあ 肺に錠
夜になって 唸って 意味も無いさ
フラフラになって足掻いてまで何を示していたいの?
なあなあ 肺に錠
ほら 嫌って 笑って 他人の所為にしたいや
有象無象のようにそこで終わらないで

作詞作曲mix動画

twitter / https://twitter.com/nagi_1041

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • カフスラグド_Inst

    by 夏央さん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP